緑内障、原因と対策
   緑内障は進行により視野が欠けていく目の病気です。 放置しておけば失明にもつながる恐ろしい緑内障の原因を知り、治療法・対策を学びましょう。

正常眼圧緑内障
緑内障の原因
緑内障名医を主治医に
緑内障と薬
緑内障名医と闘病記に記された真実
緑内障の手術と名医
緑内障の手術
正常眼圧緑内障に注意
緑内障の治療費はどれだけかかるか?
新しい緑内障名医ランキング
緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?
緑内障の名医

 スポンサーサイト

緑内障で失明しないために

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑内障で失明しないために

 緑内障の原因

緑内障で失明しないために

直接的な緑内障原因は眼圧の上昇です。したがって、眼圧を正常な範囲に保つことが予防になりますし、薬によって治療を行う際にも、原因を断つために眼圧を下げることを目的とすることがあります。物事には因果関係がありますから、緑内障の原因を排除することは、症状を改善するために必要なものです。

厄介なことですが、緑内障が原因で失明にまで至ることもあります。光を失ってしまえば、生活にも多きな支障をきたすことになります。十分に物が見えないことが原因で引きこもりがちになり、そのことで運動不足になって体のほかの部位まで弱くなってしまうということもあります。これはとても厄介な問題です。緑内障が人生を狂わす原因にだってなりかねないのです。

人間には視覚のほかにも聴覚や嗅覚がありますが、5感の中でも重要な役割を果たしています。それが奪われてしまえば、以前と同じように暮らすことなどできません。生活が一変する原因になってしまうのです。治療できない眼病ではありませんので、眼科の名医の力を借りて、視野を健康な時に近い状態で保てるようにしておきましょう。加齢によって発症のリスクは高まりますので、目は見えて当然と考えるのではなく、いたわることも必要だと認識しておきましょう。

緑内障で失明しないために

 正常眼圧緑内障に注意

緑内障で失明しないために

正常眼圧であっても緑内障になることがあるので注意が必要です。
通常、緑内障というと眼圧が高くなるというイメージがありますし、それは事実なのですが、例外もあります。
一般に加齢が原因となることが多い中、若年性のものがあるのと同様に例外があるのです。

そのため、たとえ正常な眼圧でも緑内障にかかっている可能性があることは理解しておいてください。
目のかすみや視野狭窄が起きていれば、その原因になっているかもしれません。
まずは眼科で十分な検査を受けてください。

放置しておけばますます症状が悪化していくことは、正常眼圧緑内障であっても同じことです。
点眼薬に手術によって、早めに手を打っておくことが目を健康に保つために欠かせません。
油断することなく、検査と治療をしっかり受けて健やかな瞳を守りましょう。

目はデリケートな器官ですから、正常眼圧緑内障に限らず、様々な眼病のリスクにさらされています。
それらを回避しながら生きていくためには、異常を感じたらすぐに検査を受けに行く習慣を身につけておく必要があります。
目がおかしいと思うことは、普段はあまりないはずですので、異常を感じたときぐらいは検査を受けておきましょう。

緑内障で失明しないために

 緑内障名医を主治医に

緑内障で失明しないために

独自の基準に基づく緑内障名医ランキングを発表!
全国版、地域別にそれぞれ信頼できる病院と医師を公開します。

患者にとって、どれだけ信頼できる医師にめぐりあえるかは重要なことです。
ヤブ医者に捕まって、誤診断を受けたり、抗がん剤による不当な投薬治療を行われたのではたまりません。
それを防ぐためにも、緑内障名医ランキングは闘病生活を送る患者にとって重要なものになります。
いくら自分の身体とはいえ、患者は医療のプロではありません。
わからないことは山ほどあります。

そこで頼れる情報となるのが緑内障名医ランキングなのです。

患者が1から情報を収集したのでは、手間と時間が大幅にかかることになります。
整理された情報として、緑内障名医ランキングがあれば、そんなデメリット解消に大きく貢献することができるでしょう。

そんな時、相談できる医師のいる病院に通院していることはとても安心感を持てます。
不安の中にいれば、ストレスが精神に悪影響を及ぼし、それが身体の免疫力を弱めます。
だからこそ、病院選び、医師の選択は慎重にしなくてはなりません。

とはいえ、具体的にどうしたらいいのかということはなかなかわかるものではありません。
患者だって、告知されるまでは自分がこの病気になるなんていうことは、深刻に考えることはなかったのですから。
そんな悩みを解決するために、緑内障の名医ランキングが役立ちます。

自分の住む地域にはどのような医療機関があり、それぞれにどのような実績があるのかを知ることが出来れば、心強いことこの上ありません。
病気は初期治療をどのタイミングで始められるかにより、その後の経過が大きく変わります。
運良く早期発見に成功しても、腕の良い医師を探している間に時間がかかっていたのでは台無しです。

どれだけ早く適切な治療を始められるかを考えると、緑内障の名医ランキングの必要性が認識できます。
最初の診断で医師に対する不信感を抱き、そのままセカンドオピニオンも受けずに、疑心暗鬼に陥りながらも何となく治療を受けていて納得できるのでしょうか?
人間の精神と肉体は密接に関連しています。
だからこそ、自分の身体を任せられる医師と出会うことは大切なのです。

それをどのような方法で実現していくかということは、患者にとって大きな課題です。
自らの足で捜し歩いていたのでは、力量のある医師が、いつになって見つかるのか分かったものではありません。
そもそも、どのような基準で選ぶのかという問題もあります。
その問題に答えるのが、緑内障名医ランキングです。

もはや完治不能と診断されても、それはその病院の施設や技術力でならという前提があるのかもしれません。
それを全て鵜呑みにしてしまうというのでは、人生を無駄にしてしまってるも同然です。
病気を告知されても、そこで人生が終わるわけではありません。
緑内障の名医ランキングでより優れた提案をしてくれる医師と出会い、病気が完治したり、延命に成功することもあるのです。

病気という災厄が降りかかったのなら、それを救済する意外な希望があってもおかしくはありません。
それぞれの世界には、一流のプロがいます。
いざというときには、何でもそこそこできるゼネラリストより、これなら任せておけというスペシャリストに頼るのが一番です。
緑内障名医ランキングはその要請から発生したものでしょう。

医学というのは、とても幅広い分野であり、現在は細分化が進んでいます。
しかし、法制度としては、それぞれの道に特化したスペシャリストになるにも、様々な分野を取り扱う町医者のような方向性でやっていくにも、規制はあまりかけずに国家資格である医師免許を持っているかどうかのみを問題にしています。
そのような状況にあって、大切なのは緑内障の名医ランキングのように、いま自分に必要な医師を見極め、探し出すための情報です。

いくら情報化社会といわれたところで、本当に有益な知識だけが飛び交っているわけではありません。
不要なものも数多く溢れ返っているのです。
緑内障名医ランキングのように、社会的に有益な情報は、本来なら政府がインフラとして整備してもおかしくはないでしょう。
公的な指針を示すことにより、各医療機関が公正な競争を行い、実力のある医師と病院が生き残っていくとなれば、患者にとっても助かります。

もちろん、何をもって順位付けるかという基準の設定は一筋縄ではいかないでしょう。
手術の成功率、延命の成功件数や期間、設備の充実度など、基準とすべきものは色々と考えられます。
それは運用面で精度を上げられるように改良していけばよいのです。
はじめから、文句のつけようのない完璧な緑内障名医ランキングを作るより、まずは試験的に運用してみて、問題点を解決しるための方策を探っていくという姿勢が、最善の道ではないでしょうか。

今こうしているときにも、苦しんでいる患者は大勢います。
冒頭の文章のように、緑内障名医ランキングが公開されていたら、それは切実な願いに違いありません。
いつかそれが強い説得力を持って認知される時がくることを祈ります。
一日でも長く、自分の望む人生を送れる社会が来るように。
そして、生活に悩むことなく、闘病に専念できる世界が到来すれば、健康な人もまた、安心して暮らせるはずです。
失明という危険なリスクを負っているのでは、生活が落ち着かないのも無理はありません。
緑内障が進行していくと、光を失ってしまうという事態にすらなりかねないのですから、名医を探すことも必要になります。

緑内障で失明しないために

 緑内障と薬

緑内障で失明しないために

緑内障で治療する場合には、眼圧を下げて正常な範囲に戻すことが大きな目的となります。方法としては、点眼や内服、注射があり、それぞれに特徴がありますので、まずは緑内障の薬の種類について説明します。点眼の場合に多く使われている薬はピロカルピンやエピネフリンで、副作用が少ないというメリットがあります。内服は点眼よりも副作用が強く、手足のしびれや吐き気、下痢などを引き起こすことが多いものの、眼圧を低下させる効果は高いという特徴があります。また、注射は多く用いられる方法ではないものの、短期間で眼圧を低下させたいという場合に使われています。

薬によって、房水の量をコントロールする働きや、房水の排水を促進するものなどがあります。どのような薬で緑内障を治療するかは、眼科の名医から説明してもらって、納得したうえで同意するようにしましょう。自分の専門外だからといって、専門医の言いなりになってしまうことは避けましょう。大切な目のことですので、眼科の専門医の方が詳しいのは当然のこととしても、基本的な情報は押さえておいてください。

点眼の際には、眼やまぶたを容器につけないように気をつけて、緑内障の薬が眼に染み渡るように、点眼後には30秒程度目を閉じたままにしておきましょう。すぐに目を開けてまばたきをする人がいますが、これは良くありません。また、使用の頻度や1回に使う量は、必ず指示を守ってください。多すぎることも、少なすぎることもベストではありません。

緑内障で失明しないために

 緑内障名医はどこにいるのか?

緑内障で失明しないために

緑内障名医を探し出すことが必要だとは感じていても、そのノウハウが分からないために探し始めることさえできないという方も少なくはないでしょう。
患者は医学や医療関係の情報についてはまったくの素人ですから、当然のことでもあります。
無機質な病院で突如重病の告知を受けても、どうしたらいいか分からずに、ただ言われたことをそのまま鵜呑みにせざるをえないのも分かります。

しかし、緑内障名医を見つけようと思いついたその日から、その態度を改めるチャンスだと思うのです。
それをいくら自分の身体に取り込めるかということは、その人の器によるところもあるのかもしれません。
闘病生活を送るには、たしかに様々な問題が付きまといます。
保険や治療費、権威と緑内障名医の違い、完治できるのか、最先端医療技術と最新治療法には差があるのか、といったことです。
さらに、健康食品のように、いかにも好奇心をあおってくるものもあります。

どの情報をシャットアウトして、どれを取捨選択していくかということには、その人の人生観を取り入れずにはいられません。
ただ漠然と生きているつもりで、他人からは認識できないとしても、その人なりの主張というものが人生に反映されるようになります。
緑内障名医がそこに必要かどうかということは、人生プランによって異なるものなのです。

それをただがむしゃらに通院すればそれでいいとか、健康食品を飲んでいれば病院など必要ないという極端な理論に走るから問題なのです。
重要なのはバランス感覚です。
本当に必要なものが何で、人生においての目標というものが明確になっていれば、迷いはそれほど頻繁に起きるものではありません。
私も含めて多くの人間がそうはっきりとした目的は、なかなか定まらないのが現実です。
ただやみくもに緑内障名医を探しているだけでは、障害にぶつかったときに心が折れてしまいます。

本質的に何が目的で行動しているのかというところが明確でないと、困難に直面したときに挫折してしまいます。
青春時代の挫折や悩みと異なり、闘病生活の中での迷いは命取りになりかねません。
時期が遅くなってしまったために、せっかく緑内障名医を見つけても、それがまるで無意味になってしまうこともあります。

病院を巡っていればいいというものでもありません。
自分の病院にいる医師がヤブ医者だということは、通常であれば患者に伝える情報ではないからです。
教育の行き届いていない病院では、身内の悪口が漏れ聞こえてくるようなところもありますが、そんなところは論外です。

他の医療機関や医療関係者にまでその名が知れ渡っているような医師が、緑内障名医の名に値するでしょう。

緑内障で失明しないために

 緑内障の治療費はどれだけかかるか?

緑内障で失明しないために

緑内障の治療費は、患者にとって無視できない問題です。
名医や権威と呼ばれるような医師を探したり、最先端医療技術について調べることも重要ですが、先立つものがなくてはどうにもなりません。
そのため、緑内障の治療費については、現実を見据えた上で算出してみましょう。

まず、告知を受けた医師に今後の治療方法についての話を聞いたはずですが、毎月の諸経費がいくらぐらいかかるか問い合わせてみましょう。
中には、医療保険の適用外となるような高度医療が含まれていることもあるので、保険が適用されるかどうかということも、要チェックです。
また、手術のように一括でお金が必要になることもあります。
その場合なら、支払い方法についても確認しておくとよいでしょう。

保険に加入しているかどうかということも、重大な分岐点になります。
病気の宣告を受けた後では、加入はできなくなってしまうので、これは今さらどうにかできることではありませんが、自分が加入している医療保険があるのであれば、徹底的に確認しましょう。
もし適用があるのであれば、緑内障治療費を保険給付でまかなうことができるようになります。
この上なく心強いサポートです。
何しろ、自分の懐も家族の経済状態も悪化させることなく、適切な医療を受けることができるのですから。

命に関わる重病を前にして、お金の話かとうんざりする人もいるでしょうが、実際には、経済的な事情により、高額医療を断念したりするケースは少なくありません。
しょせん、世の中はお金がなくては住みずらくなっているのです。
いくらキレイ事を並べ立ててみたところで、お金がなければ寿命が縮むことさえあります。
緑内障の治療費を支払うことができないため、そこでその先の生活を捨てる患者は存在するのです。

国の福祉政策としてどうなのかという問題はあるでしょう。
しかし、今はそんなことを論じている場合でしょうか?
病気は日々進行しています。
愚痴などこぼしているうちに、どんどん完治から遠ざかり、手のつけようのない泥沼にはまりつつあるのです。
ならば、緑内障の治療費がいくらぐらいで、それをどうやって工面するかということを考えた方が、はるかに現実的ということになるでしょう。

夢を見ていればそれで社会が許してくれた、10代の頃のようにはいかないのです。
すっかり社会を支える立場になり、行動に責任を伴う大人になった以上、誰かのせいにばかりしていても、何も得することなどありません。
緑内障の治療費にしても、自ら調達するなり、名医や権威による最先端医療技術の適用を諦めるなりしなくてはなりません。

医学は毎日進化しています。
しかし、その恩恵は全人類に平等に与えられるものではありません。
日本に在住しているのであれば、世界的な観点からは高い要求が通るということが言えるでしょうが、それでも格差は存在します。
格差社会は、緑内障治療費を支払えるかどうかという形でも、我々の生活に影を落としているのです。

それが許されることかどうかは、単純に病気の問題だけではなく、社会学的なことや政治の意義といったところにも関わってくるので、一概には言えないところがありますが、少なくとも緑内障の治療費は時に高額になり、誰にでも支払えるものではなくなるということは、厳然たる事実です。
いくら目を背けようとしたところで、病院はボランティアによって成り立っている施設ではないという真実は変わりません。

だからこそ、現実を凝視することが必要なのです。
不都合な真実であるということで真正面から向き合うことを恐れれば、問題はいつまでもあなたの元でくすぶり続けます。
やがてそれは発火してあなたの財政状態を火の車に変えることでしょう。
物を買うのと同じように、医療サービスを受ければ緑内障の治療費が請求されるのです。

あなたがいくら人生の瀬戸際に追い込まれていようとも、このことに変わりはありません。
酷なようですが、世間はそう優しくはないのです。
緑内障の治療費が支払えないのなら、もうこれ以上面倒を見切れないと言い放たれることだって、十分にありえることです。

福祉が行き届いている先進国のようで、まだまだ世知辛いのが日本という国です。
無邪気な願いだけでは、延命もままなりません。
緑内障治療費を支払えるかどうかが、人生の岐路になることもあるのです。
本来なら、病気で弱っている患者に多くを要求するべきではないのかもしれません。

しかし、そんな理想論では生きてはいけません。
悲しいことですし、残念でもあります。
ただ、病魔との闘いは待ったなしなのです。
治療方法はいくらでもあるといったら大げさですが、実際、選択肢は数多くあるのも事実です。

緑内障名医や権威が日々研究開発している最新治療法により、あなたの病気も治るかもしれません。
それも治療費あってのものです。
先立つものがなくては、満足な治療も受けられないのであれば、いくら必要であるかということは、把握しておいて損はないでしょう。

緑内障で失明しないために

 緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?

緑内障で失明しないために

睡眠不足は緑内障治療の大敵です。
せっかく名医に診断を受けていても、十分に寝ていないために体の免疫力や自然治癒力が下がっていたのでは、効果は半減です。
常識といえばそれまでですが、当たり前のことを確実に行うのは簡単なことではありません。
確実に睡眠を取り、名医と緑内障治療について話し合いましょう。

緑内障最新治療法にどれだけの臨床実験に基づくデータが揃っているのか想像できるでしょうか?
動物実験を通して人間の身体を使って試していくわけですが、それが高額のアルバイトになるという話を聞いたことのある人もいるでしょう。
なんにしても、すでに確立した方法として安全性と有効性が検証され、緑内障の最新治療法として先進的な病院で適用されているのか、それとも実験の延長として使用されているのかでは、まったく話が違ってきます。

緑内障は不治の病などではなく、治療可能な病気です。
かつては転移して手におえなくなるというイメージもありましたが、日々発展する医療は常識を変えていきました。
現在では、緑内障は治療できる病気という認識も広がっています。
もちろん、無条件というわけではなく、早期発見が望まれる状況は変わりません。

そのためには、定期的な健康診断が推奨されますが、一般的な検査では必ずしも見落とさないというものでもありません。
完全な検査方法があるわけではないので仕方ありませんが、不治の病でない以上、緑内障の治療を一刻も早く始めるべきでしょう。
せっかく早期発見に成功しても、その後がモタモタしていたのでは台無しです。
スタートを早く切るチャンスを得たのに、それをみすみすどぶに捨ててしまったのでは、その後の闘病生活が思いやられます。

もしかしたら、簡単に緑内障治療できたのに、不治の病という認識に縛られていたために対応が遅れてしまい、機会を逸してしまうという罠に陥ってしまうこともありえます。
延命を望むのは人間としての本能ですから、それを拒む必要はありません。
多くの闘病記に描かれているような生命力を見せ付けて緑内障の治療生活に臨んだらいいのです。
もちろん、気分が鬱に入ってしまう日もあるでしょう。

それだけの深刻な悩みを抱えているのは間違いないのですから、精神状態に波があることは仕方ありません。
緑内障を治療することよりも、ただ家でやる気が起こらずに膝を抱えて過ごしてしまう日があっても、誰にも非難される筋合いはないでしょう。
回廊を巡るような気持ちになり、前進しているのかどうかもわからない暮らしの中で、闘病記のような劇的な物語をつむぎ出すことなどできるはずもないとは決めつかないでください。
確かな期待もないでしょうが、不治の病でないということは、緑内障の治療は不可能なことでもありません。

ロンドンのような遥かなる異国の地においても、同じ病気で苦しんでいる患者がいることは不思議なようでもあります。
きっと海外でも闘病記を書いている人はいるのでしょう。
国によっては医療が発達していなく、緑内障は治療できない病気という現状を抱えていることもあるのでしょうが、日本は違います。
幸いなことに、世界の中でも医療が徹底して普及している国なのですから、十分に完治を目指すことはできます。

地域格差はあるにしても、同じ国の中で最新医療を受けられるという環境は、日本人にとっては当然かもしれませんが、世界的には恵まれています。
そんな状況にあってなお、治療もせずに緑内障を不治の病として諦めてしまうのは残念なことです。

流行に左右される若者のように、ただやみくもに新しいものを追っていくことに懸命さは見受けられません。
本質を吟味して優良なもののみを厳選してこそ、大人と呼べます。
あなたが耳にした最新治療法が緑内障の完治にどれだけ貢献できるか、それを判断するために情報を集めましょう。
真剣に患者の体のことを心配している研究者もいますが、一部の企業では利益優先の営業を行って健康食品を販売しています。

病院だって経営できれなければ潰れてしまう以上、民間企業と条件は同じです。
まだ十分な検証がされていない緑内障の最新治療法の安全性を謳い、患者を獲得しようとする病院があることも否定できません。
自分が苦しい闘病生活を送っていると、おいしい話に目が行きがちですが、弱みに付けこまれてますます状況を悪化させる事態は避けましょう。
投資の鉄則は、自分が理解できないものには決して手を出さないことだという話がありますが、健康を取り戻すためにすることも違いはありません。

適切な情報を得て納得したものでない限り、緑内障の最新治療法であっても安易に取り入れないことです。
ある意味でいえば、身体は人間にとって最大の資産ですし、健康に関わる決定は投資と置き換えることもできます。
自分が理解していないことを自分の身体に施すということは、自ら実験台になりにいっているようなものではないでしょうか?
確かに緑内障最新治療法を名医から受けることにより、生存率を上げる余地は十分にあります。

ただ、それは常に起こることではないという点が問題なのです。
新しい手法は、時として思わぬ欠陥を内包していることがあります。
そんな予期せぬ危険を避けるためには、事前に名医から緑内障最新治療法についての説明を受けておくことです。
何年か前にインフォームド・コンセプトという言葉がマスコミで取りざたされましたが、治療前に情報を公開してもらい、患者がそれに同意するという行程が闘病生活において、病院と上手に付き合っていく方法でしょう。

わからないことはそのままにせずに、主治医に確認しましょう。
もし主治医に相談しずらいのであれば、他の病院でセカンドオピニオンを求めることも有効です。
完治の可能性を高める緑内障の最新治療法だけに、上手に闘病生活に取り入れて完治を目指しましょう。

最低限の健康管理は患者自身で行うしかありません。
全ての責任を主治医に負わせているようでは、完治は望めません。
あくまでも二人三脚で緑内障の治療を行うという姿勢が大切であり、睡眠不足は健康の大敵なのです。
栄養のある物を食べて、しっかり寝る。
これは健康的な暮らしの基本です。

緑内障治療として行う抗がん剤や手術は体に負担もかかります。
まずは自分の体に備わっている免疫力を強化して、病気の進行を防ぐことが肝心です。
そのうえで、医学の力を加えて完治を目指す方が自然なのではないでしょうか?
考え方は様々ですし、緑内障の治療は何もかも主治医に任せてしまいたいという方もいるでしょう。
睡眠不足は仕事の都合等で避けられないという場合もあると思います。

曇りなき目で世の中を見たとき、病院や医師は無条件に信頼できるということになるでしょうか?
患者が医学について素人であるということを考えれば、緑内障の治療は専門家に任せるのが妥当です。
ただ、睡眠不足では効果が半減することは素人でも分かりますし、主治医に全て丸投げしては危険なことは昨今のニュースや新聞を見ても明らかです。
医療ミスが頻発している病院への通院は避けたいものですし、名医に診てもらいたいというのは当然の願いです。

自らの生活習慣を見直し、睡眠不足への対処を行いながら名医に緑内障の治療を受けることで、完治への最短経路をたどりたいものです。
日が暮れたら夜は眠り、日の出とともに目を覚ますというのが、人間の本来持っている生活リズムです。
朝焼けなどもう何年も見ていないということなら、注意が必要でしょう。
名医も万能ではない以上、緑内障治療で常に完治へ導くことができるわけではありません。

患者側でも自助努力を行い、その上で名医を主治医として向かえることで生存率を向上させ、闘病生活を有利に運ぶことができるのではないでしょうか?
これは日本中どのような地域にいても通用する法則でしょう。
緑内障は治療できる病気ですから、諦めることなく前向きに考えていきましょう。
人生はまだまだこれからです。
頭をはっきりさせるためにも、十分な睡眠時間が取れるように就寝時間と起床時間を調整しましょう。


緑内障で失明しないために

 正常眼圧緑内障

緑内障で失明しないために

正常眼圧緑内障とは、眼圧が正常な範囲にあるにも関わらず発症した場合をさします。この場合には、眼圧検査では異常を見つけられませんので、視野検査や眼底検査が必要になります。また、じっくり進んでいくため、患者さん自身でも自覚することが難しく、無自覚のままに症状が悪化してしまうことがあります。最悪の場合、失明につながることもありますので、注意しましょう。

では、正常眼圧緑内障の症状としてどのようなものがあるかというと、一般的な場合と変わりなく、視野の欠損や視力の低下等です。また、治療法も点眼薬や内服薬、レーザー治療、手術といった一般的な方法ですので、特別な治療を行うわけではなく、眼圧を下げることによって症状の進行を遅らせるものです。したがって、あまり特別視する必要はないかもしれません。早期発見が重要であることも、眼圧が高い場合と変わりません。

ただし、眼圧検査だけではすべてを把握できるわけではないことは理解しておいた方がよいでしょう。できれば、眼科の名医ではないにしても、眼科の専門医から1年に1回程度は検査を受けておけば、いざ正常眼圧緑内障を発症した場合であっても、早めに手を打つことができます。処置が遅れてしまえば、それだけ症状は進行してしまい、目の状態は悪くなります。正常な視野を保つためにも、目の健康には日頃から注意しておくことが欠かせません。

緑内障で失明しないために

 緑内障の未来

緑内障で失明しないために

部下に借りた漫画はワンピースだけではなかった。もう一冊、ワンピースという漫画がある。それはNARUTOという漫画だった。忍者の活躍と成長を描いている漫画だが、緑内障の自分にとって、彼らの持つ血継限界は魅力的だ。

写輪眼や白眼があれば、欠けていく視野もどうにかなりそうなものなのに。緑内障では視野は欠けていくが、白眼などはまるでその逆で、ほとんど360度、全方位死角なしというのだから驚きだ。全方位見え、遠方眼で透視眼という驚異の血継限界の持ち主であり、木の葉の里の名門、日向一族の中でも一族始まって以来の天才と呼ばれる男だ。

一方の写輪眼は、チャクラの流れは見えるものの、視力が良くなるわけではないらしい。木の葉最強の一族、うちは一族のうちはイタチや、うちは一族以外で唯一写輪眼を使える男、はたけカカシは視力の悪化を話題にしていた。

強力な瞳術を使える代償として、視力を犠牲にしているというところだろう。それならまだいい。俺などただ緑内障になったというだけで、何もいいことなどないのに視野狭窄が起きている。もっとも、今の段階では特に生活に不便をきたすほどではないといはいえ、将来の不安は拭えない。

日向ネジのような白眼があればいいのに。もっとも、この歳になれば若い世代への手本となるべきらしい。生への執着丸出しのサラリーマンと違い、さすがに忍びは潔い。あのようにありたいと願う反面、そんなことは叶わぬ願いであるという思いもある。

後悔の念は人間には避けられないものだ。それは緑内障だけに限ったことではない。今後、どんな風に世界が変わっていくのかわからない。NARUTOの世界も、現実のこの世の中も。それを曇りなき眼で見守りたいというのは当然の希望だろう。



緑内障で失明しないために

 緑内障でかすむ目

緑内障で失明しないために

緑内障と告知されてから1週間が過ぎた。別にすぐ手術とかそういうことではないし、目薬をもらったことを覗けば、診断前となんら変わらない日々だ。

仕事もいままでどおりこなしている。ただ、パソコンを見ていると目のかすみを感じる。

医者の話によると、このかすみはひどくなり、視野が狭くなる視野狭窄に陥るらしい。抑揚のない話し方の中には、失明の可能性もあるという話も出てきた。

会社の人間に個人的なことを話すのは、あまり好きではない。しかし、緑内障と診断されたという話を誰かに聞いてもらいたい。

もちろん、家族には話した。妻にも、子供にも。しかし、失明の可能性もある重い眼病にかかっているなどと言ったら、妻や子供は心配するだろう。緑内障という病名は伝えたが、決して重い眼病、深刻な病気ではないという話をしておいた。

本心で話したい。失明の可能性があることを。迫り来る失明の恐怖を。ドクハラとも思える医者の無関心さを。そして、今の自分のやり場のない怒りと不安を。

それは家族ではダメだった。心配させてしまうという思いが強すぎて、本心を話してしまうことなんてできない。

会社の後輩や部下なら、嫌でも話を聞かざるをえないだろう。しかし、彼らに緑内障なんていう眼病のことがわかるだろうか?若者はいつだって老いた者の気持ちなんてわからないものだ。自分だってかつてはそうだった。

いや、緑内障などという告知を受けるまでは、自分だって失明の危機のある眼病についてなんて真剣に考えたことはなかった。

誰だって、毎日の生活でいっぱいいっぱいなのだ。日々の暮らしに追われる中で、自分と無縁の問題について真剣に悩み、心をかき乱されるなんていうことはしていられない。

結局、こんな時に頼りになるのは、経験豊富な年長者になる。もはや会社の中にも自分より年長な人物は数も知れている。それでも、ビジネスだけでなく人生においても彼らは頼りになる。

かつての上司だった亀梨さんに話しを聞いてもらうことにした。今ではすでに第一線の営業畑から退き、後進の指導という名目で窓際に追いやられがちな亀梨さんに会いにいくのは久しぶりだ。

しかし、会社の人間を思い浮かべてみると、ほかに該当する人物は見つからない。




緑内障で失明しないために

 緑内障名医と闘病記に記された真実

緑内障で失明しないために

緑内障名医を闘病記に見ると、その存在の大きさと信頼できる医師のいる安心を感じずにはいられません。
大病院ならそれでいいとか、近所の医院がいいとか、そういう問題ではありません。
手術にせよ抗がん剤の投薬治療にせよ、裏づけとなる診断の分析が正しくなくては意味がありません。

その判断を緑内障名医にしてもらうことができれば、闘病記に記されているような、回復を見られる可能性も高まってくるというものです。
反対に、実力のないヤブ医者のみの病院では、治療可能な病状すら有効な手立てを打たないことにより、症状が進行してしまうケースもあります。
それなら、どのように医療機関を選択すればよいのでしょうか?

時々、週刊誌で病院のランキングを行っていますが、出版社の見方や利権によって左右される可能性もありますし、そもそも都合よくいつでもそういった病院や緑内障名医ランキングといった特集を組んでいるわけではないので、いたずらに時間だけが過ぎてしまう結果にもつながりかねません。
そうなってくると、雑誌のみによる捜索は、あまり好ましい選択ではないということになります。
もちろん、参考にするのは大いに結構ですが、病気ごとのランク付けということでなくては意味をなさないことを考慮しても、あまりふさわしくはないでしょう。

たとえば、医療技術や設備はそろっているものの、緑内障名医はいない大病院というものもあります。
星の数ほどあるすべての病気に対して同レベルの医療を行うということは不可能です。
そうなってくると、雑誌の特集で欲しい情報が思い通りに手に入るということはあまり期待できないでしょう。

雑誌で緑内障名医を探そうといういうのは、主体的な態度というよりは受け身の姿勢ということになります。
しかし、そんな呑気なことをいっている場合ではありません。
放置しておいても、病気は進行していくのです。
手遅れになるまでの時間が刻一刻と減っているのに、答えが降ってくるのを待っているわけにはいきません。

では、自ら能動的に緑内障名医を探す方法はないのでしょうか?
私がお勧めするのは、闘病記を読み、そこから見つけ出すという方法です。
患者が個人として記したものであるだけに、商業目的ではないので信憑性が高くなります。
もちろん、その人特有のケースということもありますが、それは数を読み込んでいくことで解決します。

闘病記で緑内障名医を探すということであれば、グーグルで検索すればよいだけの話です。
こんな時には、検索エンジンはグーグルがもっとも質のよい結果を出してくれるようです。
あとは上位に表示されたサイトから、順番に見ていくだけです。

もちろん、ホームページを隅から隅まで読みきる必要はありません。
闘病記の中でも緑内障名医について記述されている部分だけを選んで目を通していけばよいでしょう。
検索結果で1位に表示されたサイトが、20位のホームページに必ずしも勝っているとは限りません。
それより、それぞれのサイトのおいしいところだけを厳選していったほうが、あなたに有益な情報を得やすいはずです。

ネットには情報が溢れています。
名医を緑内障闘病記で探すということであれば、もちろん実名や病院名、所在地がわかるのがベストですが、その全てが分からなくても、どうやって出会ったかなどのアドバイスだけでも十分な収穫です。
方法論さえ分かれば、あとはそれを実行するだけの話です。

何をすればいいかもわからず、ただ告知におろおろして混乱しているだけでは、事態が好転することはありません。
むしろ、困惑はストレスになってマイナスにつながるだけです。
闘病記で緑内障名医を見つけることができれば、しっかりと相談をしてどのような治療方針を選ぶのかを確認しておきましょう。

確かな希望があれば、毎日の暮らしが平穏なものに変わります。
ヤケを起こすこともなければ、不安にさいなまれて塞ぎこむような生活からも抜けられます。
それは緑内障名医として闘病記に書くことができるぐらいの確信を持って、関係を構築していくことが欠かせません。
病院であれば、それだけで権威がついてくるという時代は終わりました。

すでに専門性を持って、それを強みとしてセールスポイントにして患者の信頼を勝ち取る病院や医師が求められているのです。
その時代の変化に対応して緑内障名医を闘病記で探し出すというのは、一日ですべて終えようとしたら疲れます。
それよりも、短い時間でも毎日こつこつと積み上げていくことです。

書籍でも販売はしていますが、それ以上に患者の生の声が記述されているのが、ネット上の闘病記でしょう。
今では手軽にできるブログもあるので、数多くのものが見つかるはずです。
それそれが患者の生きようとする営みの記録です。
それは他人事には思えないものでしょう。

実際、読んでいて勇気付けられることも多いはずです。
緑内障闘病記で他の患者がどのような暮らしを送っているかを知ることで、自分の生活に取り込むこともできるでしょう。

緑内障で失明しないために

 緑内障の手術と名医

緑内障で失明しないために

最近、目がかすむようになった。年齢を考えれば老眼になるのも当然だろう。そう思っていた。
眼科に行くと、緑内障と診断された。加齢になるにつれ、白内障とともに引き起こしやすい眼病だそうだ。

権威や名医が緑内障で手術が必要というのなら仕方がない気もするが、目の前にいるのはただの町医者だ。
この医師が優秀なのかどうかなど、見分けるすべはない。
そんな情報不足の中で、どうやって目の前に名医がいるかどうかを見分けたらいいのだろう。
目の手術ともなれば、不用意に行うわけにはいかない。
指先数ミリのミスで、すぐに失明するであろうことは素人でも簡単にわかる。

緑内障の手術は名医や権威と呼べる医師に行ってほしい。
そうなると、どうやって名医や緑内障の権威を見つけたらいいのかという問題が勃発する。
ただ手をこまねいて待っているだけでは、視野狭窄が進行するだけだ。

一度進行して欠けてしまった視野は、もう回復することはない。
そうなると、手術をするにもしないにも、一刻も早い決断が必要になる。
なにしろ、目は宝だ。世界が闇に包まれてしまうなど、絶望以外の何者でもない。

緑内障の手術は名医・権威に任せたいのは万人の願いだ。
眼科医ランキングや名医ランキング、あるいは医師ランキングといったものは必ずチェックしてから手術をするかどうか決めてほしい。

取り返しのつかないことになってか後悔しても遅いのだ。
ある意味、医師ランキングは諸刃の剣とも言える。
評価基準が決まれば、その評価基準にのみ合わせた対策が立てられるのがおちだ。
緑内障の名医がポイント稼ぎに走ってしまうのはいただけない。
世界は不完全だから、下手に名医ランキングなど導入すると、逆効果にもなりかねない。

それでも患者としては手術をするか、緑内障の薬で治療するかを決めなくてはならない。
手術をするかどうかは人生の分岐点にもなりうる重要な決意だ。

緑内障で失明しないために

 緑内障の手術

緑内障で失明しないために

進行する緑内障を手をこまねいて見ているぐらいなら、いっそ手術に踏み切るというのも大事な選択です。
緑内障や白内障に限った話ではありませんが、病気の治療の基礎は早期発見、早期治療です。

体にメスを入れるというのは、誰しも抵抗があるものです。
もしも名医や権威に出会えずに医療事故にでも巻き込まれてしまったらどうしようという不安は付き物ですね。

しかし、そこでいつまでも戸惑っていたら、治療のために役に立たないどころか、症状が一層悪化していってしまうことにもなりかねません。
緑内障の手術を行うことで、視界が広くなったり、ハッキリしたという人は後を絶ちません。
その意味では、医師との間に十分な信頼関係を築いた上で、緑内障の手術を行うというのは、賢明な選択でもあるでしょう。

手術には信頼関係が必須です。そのためにも納得できる名医や権威と出会う努力は惜しまないようにしましょう。
目は一生ものです。手術失敗になったか、成功したかであなたの人生は大きく変わります。

だからこそ、緑内障の手術は冷静かつ大胆にいきたいものです。
手術に臆病になる必要はありませんが、無防備すぎるのも考えものです。
程度問題のため、はっきりとした基準があるわけではありませんが、手術をすることで後悔しないだろうと思えれば、緑内障の手術に乗り切る意味はあるのではないでしょうか。

恐れることなく、手術も選択肢の1つとして考えましょう。


緑内障で失明しないために

 名医に緑内障のセカンドオピニオンを受けてみた

緑内障で失明しないために

名医から 緑内障セカンドオピニオン を受けられる病院選びのコツをご存知でしょうか?
まだまだ治療の最前線で定着したとは言えない、複数の病院での受診ですが、そのメリットは見逃せません。

人間は誰でも完璧ではない以上、1人の医師の診断や治療方針を無条件に信じるよりも、名医に緑内障についてセカンドオピニオンをもらった方が、適切な診断であるという担保になります。
複数の医師から太鼓判を押されたとなれば、判断ミスの危険性が抑えられることになります。

病院の乗り換えのためではなく、自分が置かれている現状を振り返ってみるためにも、名医から緑内障のセカンドオピニオンをしてもらうことは有効です。
ただ、具体的なイメージが湧かないために、行動に踏み切るのに戸惑いがあったり、面倒くさいと感じてしまうこともあるでしょう。
日本では認知されてはいるものの、一般に普及しているとは到底言えない状況です。

それだけに、いざ自分が名医に緑内障のでセカンドオピニオンの打診をするというときに、主治医にカルテを要求することは躊躇してしまったりします。
実際に、医師の中には自分への疑いを持つことすらも嫌う横暴な人もいますし、特権階級のように振舞うことすら見受けられます。
そんな行いがどれだけ患者の信頼を薄れさせているかも考えず、ただ国家試験に通ったというだけで、自分の地位に居座ってしまうような人間に健康を委ねてしまっていいものかは考え物です。
名医に緑内障の転移を防止してもらうことは、治療生活に欠かせません。
すでに進行してしまった症状を治すことも大切なのですが、悪くなる前に予防することも大切です。

早期発見の重要性が叫ばれて久しくなりますが、緑内障の転移を防ぐこともそれと同じことです。
手術にしても抗ガン剤にしても副作用がありますし、身体には負担がかかります。
病気そのものは治ったとしても、それ以外の部分でのリスクがあることを考慮すると、まずは早期発見をし、緑内障の転移を防いでおくことです。

主治医に名医を迎え、相談のうえで治療方針を決定していけば、納得度も高まることでしょう。
すべてを病院任せにしたうえ、そこに信頼できる主治医がいるかどうかも検討していないというずさんな暮らしを送る患者も少なくありませんが、自分の人生に責任を持つという観点からすれば、それは好ましい態度ではないでしょう。
病院は医療のプロフェッショナル集団には違いありませんが、プロならそれで安心かというと、そうではありません。

レベルの高い名医なら防げる緑内障の名医も、並みの医師では不可能ということもあります。
実際に告知を受けると、それだけの冷静さや余裕を持てずに最初に診断を受けた病院に丸投げしてしまうことも多くあります。
そこに名医がいるかどうかではなく、もっとも身近であるという理由での病院選びには、疑問をもたざるを得ません。

困っているときに身近にいる専門家に頼りたくなるのは感情的にわかります。
しかし、それが緑内障の転移を防ぐためにベストな方法ではないのだとしたら、新しい道を模索することも視野に入れるべきです。
体力的にも余裕があるうちでないと、病院選びに使える体力など残っていないという事態に陥ってしまいます。

追い込まれてから危機感を抱いても、すでに体勢を立て直している余裕も無く、その場逃れでますます追い込まれてしまったという経験を持つ人も少なくないでしょう。
闘病生活に人生経験を活かすことはできますし、緑内障を転移させないという強い気持ちで先手を打っていきましょう。

最近ではスポーツ界だけではなく、闘病生活にもイメージトレーニングなどの精神的な作用を取り入れようという動きもあります。
笑いが健康に寄与するという話を聞いたことはないでしょうか?
病院よりも患者の方が、自分のことだけに感情をコントロールするのは得意でしょう。
それが緑内障の転移防止に一役買うのであれば、患者には朗報です。

病院でうける手術や抗ガン剤などの物理的な治療と、精神面からのアプローチと、できるだけの方法を尽くすことで生存率を高めることもできます。
緑内障を転移させないことで、より有利な闘病生活を送るために知っておきたい病院一覧は・・・

自分にあった主治医を探すためにも、名医からの 緑内障セカンドオピニオン は参考になります。
たとえ治療に当たってもらうの世間では評価の高くない医師であっても、治療方針や診断の正確性が確かであるということになれば、適正な治療費で安心して命を預けられることになり、その恩恵は計り知れません。
身体は一つしかないだけに、代わりがききません。

それだけのリスクを負っている以上、名医に緑内障のセカンドオピニオンを受ける程度の慎重さがあってもよいでしょう。
日本における医療の現場が、それを許すだけの度量の広さを持つことを望みます。
月が満ち欠けを繰り返し、満月も下弦の月にもなるように、人間も体が好調の時と不調の時とがあります。

病気になるということは、それで終わりということではなく、再生のためにも名医に緑内障についてセカンドオピニオンをお願いするということにより、患者は新しい人生を送ることができるのです。
夜空は暗くても、いずれ朝を迎えて夕日のような朝焼けが始まります。
太陽は永遠の存在ではなく、果てしない宇宙の中においては一瞬とも評価できる程度の時間しか存続できませんが、それでも人間の営みに比べたら圧倒的に長い時間です。

その程度の短期間を駆け抜けるように人類は生き、少しでも限りある期間を延ばそうと名医に緑内障のセカンドオピニオンを求めるのです。
そこには生命に対する飽くなき探究心とともに、古代より変わることのない生存本能が写されています。
まだ遣り残したことがある、そんな思いが人々を治療に向かわせるのです。

緑内障で失明しないために

 緑内障の回復

緑内障で失明しないために

老化かるくる緑内障の原因・治療法とは?
原因や治療法がわからないまま、眼科医の言いなりで後悔せずにいられるのでしょうか。患者側でも最低限の知識は持っておくべきです。

緑内障の名医や権威はどのように探したらいいのか?地域別に見た場合と、全国的に見た場合の緑内障の名医とは?

眼圧の正常値はどのくらいかはわかりますか?また、あなたの眼圧の値は安全なものでしょうか?

生活・暮らしを快適にするためにできることとはなんなのか、それが重要なテーマです。
大胸筋を鍛えたところで、緑内障が完治するわけではありません。

それでも生活・暮らしを中断するわけにはいきません。驚くほどのことです。
ある種の絶望にも似た感情を抱いたとしても、生活・暮らしは続いていきます。
緑内障でも白内障でもそれは同じことです。

モデルのAKEMIをテレビで見かけたからといって、それで抱えている問題がすべて解決するわけではありませんが、脳内メーカー頼みの人生にも応えはないはずです。

緑内障を完治させる名医を見つけることができれば、それが理想でしょう。しかし、それが簡単には出来ないことは周知のとおりです。
情報収集能力の観点からも、単純に運という部分でも、すべてが自分の思うように行くわけではありません。


緑内障で失明しないために

 新しい緑内障名医ランキング

緑内障で失明しないために

緑内障名医ランキングは更新されていくことに存在意義があります。
何年も前のものを参照したところで、それはその時点での評価にすぎません。

その間に技術は進歩し、新しく緑内障名医ランキング入りを果たす医師や脱落していく人がいるのは当然のことです。
新陳代謝があってこそ、過去の栄光にすがる老廃物に成り下がらないように、医師や病院は切磋琢磨して腕を磨いていくといえるでしょう。
若手の台頭というのは、医学界に限らず、どのような業界にもあるものです。
新しい波があってこそ、かつてから権威を誇っている者も常に向上心を持って仕事に取り組めます。

そうして新旧入り乱れての 緑内障名医ランキング入りをめぐる攻防は、単なる派閥や駆け引きなどとは別次元の、医師本来が目指すべき姿に到達しているかどうかという指標になります。
患者にとって有益であることはもちろん、病院にとっても明確な目標を掲げられることは励みになるはずです。
病状というのは進行具合も含めてまちまちですので、簡単には比較ができないという問題点があります。

評価基準を定めて緑内障名医ランキングを打ち出すことで、その比較の難しさを緩和することができます。
お笑い芸人も誰が優れているかというのは必ずしもはっきりしていませんが、M-1ではそこに優劣をつけることで新しいスターを生み出しています。
チュートリアルやアメリカザリガニは元々人気のあるコンビでしたが、2007年王者のサンドウィッチマンは急激に認知度が高まりました。

緑内障名医ランキングをM-1と同列に扱うのは不適切かもしれませんが、共通項はあるような気がします。
そこで優勝することが全てではありませんが、一つの基準にはなりますし、トップを取るには実力が伴わなければ話にならないという点です。
歴代のM-1王者のネタを見ていると、テンポやキャラクターの強さが一貫した条件として必要とされていることがわかります。

キャラクターが強いというのは、 緑内障名医ランキングに載るための必須条件ではありませんが、どのような場合に強みを持つかということは大切です。
より専門的に特化するというのは、自分の強みを活かしていくためには不可欠ですし、それは病院でも同じことです。
チュートリアルの徳井が執着心の強いキャラを演じるのを福田がさわやかに制するように、病気にどのような方法で対応できるかを説明できることは、差別化につながります。

他人と同じ領域で、どれだけ優れたレベルに達しているかということを示すのも重要ですし、緑内障名医ランキングはそのための指標でもあります。
一方で、競争相手の少ない分野でのスペシャリストを目指すのも重要の方策です。
ビジネスの世界では、ブルーオーシャン戦略としても有名なようですが、激しい競争により消耗するよりも、他の人では代わりがきかない特別な立場を確保するということは、重要な視点です。

自分が他人より秀でている点を追求した結果として、新しく緑内障名医ランキング入りを果たす医師もいるということです。
一般的な土俵で戦うのか、それともビジネスでいうニッチ戦略をとるのか、それはその人の考え方次第です。
ニッチ、すなわち隙間を狙っていくという方法は、同業者が少ないという点においてメリットがありますし、病気の場合には、数は少なくても患者は切実に治療を望んでいるのですから、社会貢献という観点でも意味深いものです。

そうなると、緑内障名医ランキングには、基本的な能力が優れている医師と専門的な分野における権威とが並存しているのが理想なのかもしれません。
人間には個性がありますので、長所と短所もそれぞれです。
走ることが得意であったり、絵を書くことが好きだったりと、その人の適正を活かしていくことが、本人のためにも周囲のためにも有益でしょう。

ただし、医療機関というのは命を預かる場所です。
緑内障名医ランキングにのるような医師であれば、基礎がしっかりしていることは当然の前提とした上で、さらに付加価値をどうやって加えていくかということになります。
医師の中でも、研究者肌の人から手先が器用な人まで、様々なタイプがあります。
医大と国家試験に合格したから病院に勤務しているだけで、本来医師の適正がない人だって存在していることでしょう。

そのような雑多な状況の中から頭一つ抜きん出るために何をするか、その方策を練って成功した例が緑内障名医ランキング入りする医師でしょう。
甲子園で活躍した高校球児の大部分はプロ野球選手になることはできませんし、メジャーリーグで活躍できる選手はさらに限定されます。
ピッチャーであろうと外野手であろうと関係ありません。

ごく一部の人間だけが超一流の称号を得て、その他は引き立て役になってしまうのは世の常です。
患者が治療を受けたいと願うのは、 緑内障名医ランキングに入れるような選ばれた医師かどうか、それは自明の結論でしょう。
さわやかな高校生の野球に交換を持つことはできても、それは我が身と何の利害関係も持たないからこそのもので、生活が左右されるとなれば話は別です。

緑内障で失明しないために

 緑内障権威とドクハラ被害の実情

緑内障で失明しないために

緑内障権威がドクハラを行うということは、どれくらいの確率で起こることか、お分かりでしょうか?
明確な答えは出せないという方がほとんどでしょう。

そもそも、医師の中で緑内障権威と呼べる医師がどれだけいるのかという問題もありますし、ドクハラというのも程度問題ですので、はっきりした線引きはできないところがあります。
その辺りに曖昧なところが残ってしまうのですが、病院という閉鎖的な空間において、ドクハラという憎むべき行為が行われるのは、ある意味では自然なことでもあります。
世の中に開かれておらず、特殊な環境の中で自己完結してしまっている世界では、その内部関係がすべてであるかのような錯覚を起こしやすくなります。

そのために、患者に暴言を吐いたり人権を無視するような言動を取るような医師が出てくるのです。
緑内障権威だからといって、必ずしも例外ではありません。
すでに差別化できている存在というのは、病院という世界の中で特別な地位を築いていますので、勘違いしてしまうこともあります。
もちろん、全ての医師がそうだというわけではありませんし、患者と親身に向き合ってくれる緑内障権威だっています。

ただ、彼らの医者の中でも人間性に問題があったり、多忙な業務に終われて一人一人の患者との接し方が荒くなってしまう者もいることは否めません。
それが昨今マスコミでも話題になるドクハラというものです。
患者にしてみれば、医療機関を訪れる時には切実な思いを胸に秘めていることが多いものです。
そんな中、緑内障権威からかけられる言葉というのは、一言が重みを持ちます。

内容は間違っていないとしても、表現が不適切であるというだけで、大きな心理的負担になる状況が作られているということです。
もちろん、医師は精神科医ばかりではありませんし、カウンセラーでもありません。
緑内障権威にしろ、そうでないにしろ、ドクハラと疑われる発言をしないと断言できる人はあまりいないでしょう。

一般社会でも、思わぬ一言が他人を傷つけるということはよくあることです。
そんなつもりで言ったわけではないのに、思わぬ誤解を受けてしまったり、ニュアンスがうまく伝わらないもどかしさを感じたりという経験は、誰しももっているはずです。
ただ、表現者と聞き手とのギャップというものが、病気という特殊な状況を前提にしているだけに、緑内障権威を筆頭とする医師団と、患者との間では深刻化しがちなのです。

必ずしも、病院側にも悪意があるわけではありません。
それでも自覚を持って発言に気をつけてほしいとは思います。
緑内障権威の一言が患者を追い詰めることもあるということを心から理解することが、信頼関係を確立するうえでも欠かせない要素になるでしょう。
人間は機械ではないのですから、やはり気持ちを共有することは大切です。

ドクハラなど病院の恥という意識を持って、経営側にも緑内障権威にも治療に当たってほしいものです。
医師の一言で勇気付けられる事だって、患者にとっては多々あることです。
言葉の力というのは、医療の現場でも大いに議論されてしかるべきものではないでしょうか?
治療費を支払っているのだから、患者をお客だと捉えるべきだとまでは思いませんが、人間として最低限の思いやりは持っていてほしいものです。

緑内障で失明しないために

 緑内障生存率の高い病院

緑内障で失明しないために

病院の緑内障生存率が高いかどうかは、患者として気になるところです。
下手な医療機関を選んでせいで医療ミスにでも遭ってしまったらたまったものではありません。

自分が通院している病院の緑内障生存率が高いかを問題にするより、あらかじめ有力な医療機関を選定しておく方が賢明です。
なぜなら、たまたま近所にあったというだけの理由で通院している場合、その病院が特定の専門を持たない総合医療機関であったり、内科という程度の限定しかしていないために、個々の病気の実績については、参考になるほどのデータの蓄積がされていないこともあるからです。
それよりは、初めから評判の良いところをピックアップした上で、訪問してみた方が妥当な選択になります。

もちろん、偶然近所に名医や権威が勤務している可能性も否定はしません。
ただ、過度に楽観的なのも考えものです。
緑内障生存率が高い病院や名医が、偶然身近にいるというほど都合のよいことはそうそうあることではありません。
むしろ、まれなことであるということは認識しておかなくてはなりません。
手術をして、病気ではなく医療ミスで命を落とすこともありますし、手術失敗により寿命を縮めることもあります。

パソコンが壊れたときに、通りすがりの人には修理を依頼しないはずです。
機械に詳しい知人に頼むか、パソコン修理の専門業者に預けるでしょう。
下手にいじられたら、より一層事態が悪化すると予測するからです。

自分の身体でも同じことです。
名医や権威がいて、緑内障生存率が高い病院で治療を受ける方が、安心できるのではないでしょうか?
まして、身体はパソコンのようにいざとなれば買い換えれば済むというような安易なものではありません。

悠長にデパートの福袋を買いに早朝から列をなしている集団を見かけましたが、彼らもまた、新年という限られた時間を精一杯楽しもうとしているのかもしれません。
発症してから、緑内障の生存率から想定するに、あと何度年明けを迎えることができるのでしょうか?
漠然と思い描くだけにとどめることで、現実の壁に当たることを避けていますが、真剣に考えれば、多少バカバカしい楽しみでも、笑っている場合ではないのかもしれません。

限りある時間であれば、少しでも人生を謳歌するというのが、人間本来の正しい姿勢なのかもしれません。
福袋を買いに開店とともに駆け出した集団も、そんな切実さをどこかで抱えているのかもしれません。
たとえ今は健康であっても、誰しもいずれは臨終を迎えます。
それまでの期間を有意義に過ごすことは、緑内障生存率を高めることと同じぐらいに大切なことです。

名医や権威は最先端医療技術を駆使することはできても、人生の喜びを教えることは困難です。
福袋を正月に買いに走るようなことは、なかなか勧められないでしょう。
浮わついていてどうでもよく見えても、一日を明るく過ごすということ事態が、実は重大なことです。

年末年始のような季節感を日本人が忘れつつありますが、意外にコンビニの弁当やスイーツが季節を先取っているのが現代日本の縮図でしょうか?
気候に合わせた生活は、闘病生活にも不可欠なものなので、緑内障生存率を高めるのにも貢献しそうです。
名医や権威を探すのも大切ですが、暮らしに根付いた方策も大切にしたいものです。

緑内障で失明しないために

 緑内障の痛み、我慢しない

緑内障で失明しないために

緑内障の痛み、我慢しないというのは、CMで流れていた言葉です。
病気にかかっても、その苦痛を適切な形で表現するのは思いのほか難しいものです。
日本人は、緑内障の痛み、我慢しないという言葉を理解するのが苦手な国民かもしれません。

過度に自分の殻に閉じこもり、他人には思いのたけを伝えることを戸惑ってしまったり、反動で攻撃的に自分の苦しみを押し付けて周囲の人間を困らせてしまったりということになりがちなのではないかという気がします。
もともと、日本人は感情表現の豊かな民族というよりは、耐えて忍ぶ国民性を持っているのではないかと思います。
それは長年の歴史の中で培われてきた確かな美徳ではありますが、辛いときには耐えられなくなってしまうこともあります。

だからこそ、緑内障の痛み、我慢しないということが意味を持ってきます。
病気になったからといって、あなたは優遇されるわけでもありません。
驚くほどの無関心を周囲が露呈することだってありえるのです。
誰しも毎日を忙しく過ごし、余裕もないのだから仕方がないことでしょう。

緑内障の痛み、我慢しないというのは、そんな鈍感に対する対抗策でもあります。
周囲が気付いてくれないのなら、自分から働きかけるしかありません。
相手が察してくれると願うのは無理もないことですが、現実の厳しさを改めて思い知る必要などはありません。
避けられる困難は回避するに越したことはありません。

いくら、緑内障の痛み、我慢しないというキャッチコピーが流通したところで、苦痛は向こうから勝手にやってくるものです。
つまり、生きている限りは多かれ少なかれ共存せざるをえないのです。
それを自分ひとりの胸の内で抱え込むか、他人を巻き込んで少しだけ肩代わりをしてもらえるかという違いが、その本質になります。

「緑内障の痛み、我慢しない」
毎朝、そっと口にしてみるだけでもいいと思います。
いつだって、始めの一歩は小さなものです。
しかし、そのわずかな進化が、ゆくゆくは大きな格差を生み出すことになるのです。

1人孤独に老衰していくか、緑内障痛み、我慢しないで他の人にも理解してもらうかで、その後の人生は大きく様相を変えます。
暗闇の中に差し込んだわずかな光は、病気を完治させて輝く患者の姿かもしれません。
病院のベッドの上の生活に別れを告げて、勇ましく第二の人生をスタートさせる自分の姿を想像すると、どこか遠いもののようで、現実離れして感じるかもしれません。

しかし、人間は望むものにしかなれません。
悪い方向への転落はあっても、いつのまにか祭り上げられるということなど、歴史上そう頻繁には起こりえないものです。
緑内障の痛み、我慢しないというのは、ある意味で積極的に行動を起こすということです。

それは体力の落ちた患者にとっては、大きな負担になるかもしれません。
気力・体力ともにたくましい時代とは違うんだと、緑内障の痛み、我慢しないなんて言葉は受け流している人もいます。
間違っているとは思いません。
少なからず真実を含んでいるからです。

一方で、誤解を内包していることも否定できません。
過去を振り返ってみたところで、そこには何の意味もないからです。
―緑内障の痛み、我慢しない。
それは他人任せにしてしまおうという趣旨ではなく、将来に向けての闘病生活への取り組み方なのではないでしょうか?

超人ではないのですから、どんな困難にも耐えられるというわけではありません。
あまりに辛ければ、心が折れてしまいます。
そんな風になってしまう前に、緑内障の痛み、我慢しないということを肝に銘じて、主治医や家族、友人に思いのたけを打ち明けてみてはいかがでしょう?
案外、そんな何気ないところから、人生は進展していくのかもしれません。

相手だって、日々の暮らしに終われている要素はあります。
しかし、あなたが勇気を持って告白したのなら、耳を貸してくれるのではないでしょうか?
連帯感や人の温かさを信じることができれば、緑内障の痛み、我慢しないということは実行に落とし込めるはずです。

曲解しないでほしいのは、わがままになれということでは決してないということです。
生きていれば、どうしたって問題を抱えることになります。
命に関わる重病であっても、被害妄想に陥っては、相談される相手にとって迷惑なだけです。

健康であるだけでも、無邪気なものだと感じてしまうかもしれません。
緑内障の痛み、我慢しないで冷静に状況を把握、そして第三者の視点で自分を見つめることで、現状を客観視することができるというものです。
まだまだ健康への望みを捨てきれていないのなら、必死で生への執着を見せていいのです。

緑内障で失明しないために

 緑内障の健康食品の落とし穴

緑内障で失明しないために

抗がん剤の副作用や手術のリスクを踏まえて、緑内障を健康食品で治そうというのは、必然的な考えと言えるかもしれません。
しかし、そこになんの隙もないかということになると、そんなことはありません。
健康食品で緑内障の治療を行うのであれば、そこにひそむ落とし穴を把握しておく必要があります。

たとえば、業者・商品ともに玉石混合という状況が挙げられます。
たしかに良質のものを提供している会社もありますが、通販会社によっては、劣悪品を販売して利益を得ている業者も存在しています。
薬と違い、緑内障の健康食品を販売するには、国による審査はありません。
ある意味、自由に販売ができるのです。

もちろん、食品なので一切の規制がないわけではありませんが、あくまで口にいれるものとしての審査にとどまります。
その健康食品が緑内障治療に有効かということは、販売業者側での判断になります。
そうなれば、たとえ固定客等がつかなくても、投機的にお金を得ようという患者の弱味につけこむ会社が出てくるのは必然的なことでしょう。

もっと規制を厳しくすればよさそうなものですが、薬のように審査を厳格化すると、臨床実験等で莫大な時間と費用を要するものになります。
当然、消費者である患者にとって、緑内障の健康食品の価格が高騰することになります。
さらに、西洋医学により科学的に分析できないものは、販売禁止になってしまうため、民間の伝承に基づくものや、東洋医学に起源のあるものは入手できない結果になります。

健康食品で緑内障と戦っていこうという患者にとって、それがいいとひとえに語れるものではありません。
もちろん、怪しい業者を締め出すことは必要です。
しかし、国がそれほど乗り気でない現状では、自分で防衛策を立てる必要があります。

店頭販売であれば、店員の接客態度がまず第一のチェックポイントです。
満足に接客一つできない会社を信用できるでしょうか?
わたしならとてもできません。
販売する商品が緑内障の健康食品であれ、何であれ、やはり店員の接客が悪いというのは、社員教育すらできていない会社ということになってしまうでしょう。

通信販売の会社なら、まず電話やメールによる相談がないようなところは利用しません。
緑内障の健康食品を販売するとなれば、顧客は多い悩みを抱えていることは当然です。
相談や質問の受付窓口がないようでは話になりません。
たとえネット販売であっても、電話での受け付けぐらいはしているべきではないでしょうか?

また、その際の対応が、どれだけ踏み込んだ内容まで返答できるかということも重要です。
緑内障の健康食品を販売するには、商品だけではなく病気、さらには闘病生活を送る患者の気持ちを理解している社員のいる会社である必要があります。
それができていないのなら、素人が緑内障の健康食品を販売しているのと同じ事です。

成分量の極端に少ない緑内障の健康食品を販売している会社もある以上、選択する際には厳しい目をもつことが求められています。
いくら治療に有効な成分でも、適量というものがあります。
少しだけとっても気休めにしかなりません。
それでも緑内障の健康食品として販売している場合があるので、注意が必要です。

そういった誠意のない企業は、社員教育も手を抜いて一時的な利益の追求に走ることも多いので、顧客との対応でその会社の実力をはかるということも重要でしょう。
また、それに加えてパッケージやホームページの表示も参考になります。
原料は何が使われていて、どこで製造されているものでしょう?
原産地は最近では特に重要性を増しています。

他の食品と同じように、緑内障の健康食品においても、中国産等はあまり好ましくないでしょう。
しかし、そもそもそれを消費者に公表しているのかどうかということもあります。
必要な情報を提供していないとなれば、それは当然好ましくありません。

健康食品で緑内障を治療したいとなれば、それはいい加減な商品では到底足りません。
選び抜かれた本物を選ぶためには、購入する側にも注意が必要です。

また、一概にどの成分が有効かという問題もあります。
人によって相性というものが違うからです。
ある人には合う緑内障の健康食品でも、別の人には変化が見られないということもあります。

体質や症状の進行具合は千差万別です。
それだけに、万人向けの緑内障の健康食品は存在しません。
自分に合っているかどうかという観点を持ちながら、試していくことが必要とされます。

とはいえ、即効性を期待するのは難しいものです。
一般的に効果を感じ始められるまでどのくらいの時間がかかるか、あらかじめ確認しておきましょう。
健康食品で緑内障を治すには、適度な時間を見てそれが有効かどうかを試す必要があります。

緑内障で失明しないために

 緑内障と無意味な夢

緑内障で失明しないために

緑内障になって特に意味のないことをぼんやりと考えていた。目的があるわけではない。世界周遊旅行にでるわけではないし、再びアンダルシアの太陽の下でフラメンコを踊ろうというわけでもない。

それでも、心を空にしておくことは出来なかった。思考がぐるぐると渦巻き、終わっては始まり、延々続いていた。そういえば、昔にもこんなことがあった。そのときは数ヶ月に渡ってこんな症状が続いていたっけ。今回はどうなるのだろう。

明日になれば、緑内障になる前の、引っ越して一人暮らしをはじめたあの日のように新しい気持ちに変わっているかもしれない。

あるいは今日の連続の繰り返しでもありえる。そんなもの考えることさえ無駄だ。

退職届の書き方がわからない。いざという時はいつもこうだ。不慣れな経験だけになおさらこんな無様な栄光の時を向かえることになる。入社当時から、退職日を夢見て働いてきた。ビジネスに喜びは見出せなかったが、ほかに生きがいも見つかった。新しい人生の目的はどうやら果てることのないモチベーションの源泉になりそうだ。

そう、占いによると今日は大切な人とすれ違って気付かない日らしい。これは参った。いくら努力しても占いの前には無力だ。
それでも生活・暮らしは続いていく。経済的に苦しくてもそんなことにはまるでお構いなしに、大学受験があろうと緑内障で視野が欠けてきても当たり前のように進んでいく。

そこに希望を見出すか、あるいは占いなどばかげていると1つ先の未来へと突き進むかという選択はあなたがするものだ。クルーザーで待っている。ただ日が沈むのを待っている。


緑内障で失明しないために

 緑内障の恐怖

緑内障で失明しないために

緑内障でもっとも恐ろしいのは視野狭窄でしょう。
今までよりも見えている視野が欠けてきて、見える範囲が狭くなり、最悪失明することもあります。

また、かすみ目や疲れ目を伴うこともあります。
そういった場合だと、視野狭窄だけではなく、見えている部分でもぼやけてしまうことになります。

緑内障は加齢とともに引き起こしやすくなる病気ではありますが、人間にとってもっとも重要な視覚が欠けていくのは恐怖にほかなりません。
ただ一言、「歳だから」では済まないというのが患者の率直な感情ではないでしょうか。
そうだとしたら、緑内障はどうしようもないの一言でことを終えようとするようなヤブ医者とはさっさと縁を切るべきです。
信頼できる名医や権威を探し出し、この恐怖を一刻も早く拭い去りましょう。

緑内障という病気の性質上、完治は難しいかもしれません。
しかし、老化しながらも視野狭窄を最小限に抑え、快適な状態を保つことは多かれ少なかれ可能なことです。
それをしないですっかり視野狭窄に陥り、もはや取り返しのつかないことになってしまうというのは、大きな恐怖です。

病気は感情を揺さぶります。不安や恐怖を引き起こし、やる気や前向きな気持ちを奪い去ります。
それでも、恐怖に支配されてはいけません。
緑内障といえども、何一つ手の打ちようのない病気ではありません。
専門の名医や権威に相談することにより、視野狭窄の進行具合を抑制することができる場合も多くあります。

諦めるには早すぎます。恐怖に打ち勝ち、視野狭窄を抑えましょう。
いくら緑内障の名医や権威でも、患者にその気がなければ治療や手術はできません。

視野狭窄の恐怖を乗り越えて、健やかな目を取り戻しましょう。


緑内障で失明しないために

 目は一生もの

緑内障で失明しないために

目は一生ものの財産です。視野が狭くなり、失明の危険をはらんだ緑内障の治療法は原因解明と並んで重要なことです。名医の存在や居場所、所属病院などは一般の患者に広く知られているところとは到底言えません。それでも名医の情報は失明の危機にある患者としては喉から手が出るほどほしいものです。

緑内障の原因を明確に答えられますか?生活習慣により変えられるリスクとはどの範囲なのか、その効果の程度とはどうなのかといったことについての知識は必須です。病院で処方された点眼薬や飲み薬が自分に合っていなくても、処方した医師に対抗できるだけの知識がなければ従うしかありません。疑いだけが募って、お金を払って購入した薬を飲まずに置いておくということにもつながります。

それなら名医の緑内障の原因についての分析を参考にしたり、色々な知識を吸収してもっと眼病に詳しい、そして自分の目の健康に明るい患者としての人生を送ってみてはいかがでしょう。他人に自分の視覚をコントロールされるなんて屈辱ではありませんか?自己統制権は人権の基本です。欲するままに人生は進んでいきます。あなたが他人任せにしたツケはいずれ自分にまわってきます。

緑内障に負けずに自分らしく毎日の生活・暮らしを送りたいと切に願うなら、天もその願いを聞き入れてくれるかもしれません。諦めたらそれまでです。その先に進むには苦しくても、一人暮らしでも引越したてでも、あるいは転職したりリストラされたばかりでも前に進むことが大切になってきます。眼鏡に頼れば済むような眼病ではありません。

視神経が変調をきたせば、当然体全体への影響も免れません。頭痛やめまい、不眠の原因にもなりかねません。緑内障の名医がその場で完治させてくれる。それはとても理想的です。しかし、すい臓がんや胃がんのように命に直接関わる病気というわけでもありません。その意味では比較的優しい病気といえるのかもしれません。

あなたは正常眼圧緑内障の原因や治療法を理解していますか?眼圧が正常であっても、緑内障になったり視野が欠けてくることはあります。いわゆる視野狭窄というものですが、これはいざ自分が経験してみると恐ろしいことこの上ありません。人間は五感の中でも視覚に大きく依存している生き物です。それが視野が欠けていく恐怖というのはくどくど説明するまでのないでしょう。


緑内障で失明しないために

 緑内障の名医

緑内障で失明しないために

医者の力量は一定ではない。最近の医療事故などをきっかけに、医者や病院の格付けがされたりもしているが、風邪のような気軽なものではない以上、やはり緑内障の名医が必要だ。多少遠くまで出掛けていくことになっても、失明の危機を免れるなら決して無駄な苦労などではない。

とはいえ、そうそうに見つかるものでもないし、もちろん一般常識で各病気のプロフェッショナルを知っているわけでもない。いっそのこと、国が医師の国家試験の上に、国家推薦医師ランキングといったものを制度化することで、日本の医療レベルが上がるのにとさえ思う。

嘆いてばかりもいられない。とにかくネットで緑内障の名医を調べてみた。ただの眼科と緑内障や飛蚊症、白内障といったそれぞれ特定の眼病に特化した眼科とがある。当然必要なのは後者、その中でも緑内障を得意とする病院、そして名医だ。

ホームページからもそれぞれの病院の考え方が読み取れる。ただ当り障りのない言葉を使っているだけの病院。手術数などの数字を公開し説得力を持たせている眼科。ユーザビリティを無視したホームページ制作をしている医院など。

もちろん、すべての病院に優秀なホームページ制作スタッフがそろっているわけではないし、ネットへの力の入れ方も千差万別だろう。元々ついでにつくったウェブサイトもあれば、診療時間や休診日の告知を主たる目的にしたサイトもある。その地域住人の集客を求めるホームページもあるはずだ。

ただ、地域密着型の眼科は、逆にいえば日本中、ひいては世界中から患者を集客できるだけの特別な専門技術がない可能性が高いだろう。緑内障の名医、権威となれば、当然日本中から患者が足を運ぶはず。いかにその病院が緑内障についての専門性の高い名医を有しているか、実績があるかを訴求しているサイトを探すことで、自然に名医に行き着く可能性は高くなる。

緑内障の名医はあなたに光を与えてくれる。
心理的な意味でも、現実的な意味でもだ。
あなたの目が視野狭窄に陥っているとしても、それは食い止められる可能性がある。
知らずにいればそのままですが、改善の糸口はありえる。。

どうにかして自分の目を以前の良好な状況に戻したいというのは当然の願望ですが、そのための方策を打ち立てているかどうかという部分では、個人差が大きくある。
自力で緑内障の名医を探す人もいれば、ただ焦るだけで何も行動は起こさない人もいる。
その差異は大きなものだ。



緑内障で失明しないために

 緑内障、はるかなる世界への船出

緑内障で失明しないために

緑内障になってから気持ちがふさいでいた。そんな時、休憩中の若い部下達が話しているのを聞いた。今人気のマンガらしい。

そんな話題になど、普段なら見向きもしないのだが、気弱になっていたからだろうか、部下に歩み寄っていた。

「それは、そんなに面白いのか?」

「ワンピースぐらいは読んでおいたほうがいいですよ。話題っていうより、常識ですよ。よかったら貸しますよ。」

なんだか部下からマンガを借りるはめになった。こんなことは初めてだ。それにしても、いざ読んでみると、緑内障の目には活字の本よりマンガの方が読みやすい。

海賊がオールブルーを目指し、さらにそのオールブルーを航海していく物語。

ずっと目先の問題にとらわれてきた自分とは違い、はるか先まで広がる海を航海していくルフィたちに好感を抱いた。

「いい年して」
家族にはそんな風に笑われたが、若者向けの漫画とはいえ、やはり人の心を動かすだけの力のある作品は違う。

いつか世界の果てまで船を出したい。そんな気持ちになった。

水平線を眺めながら生活していれば、眼にもいいだろう。老眼や近眼だけではなく、緑内障にもいいかもしれない。

そんなことを思いながら夢中になって読んでしまった。歳を考えると、ワンピースに、そしてモンキー・D・ルフィーに憧れている場合じゃないだろうとは分かっているのだが。

凄腕の剣士にして、世界一の剣豪を目指すロロノア・ゾロや、超絶蹴りワザの料理人サンジ、航海士ナミ、トナカイにして医者のチョッパー、決して口だけではない男ウソップ、考古学者であり消えない過去を背負うロビンという仲間達に加わった、造船技士フランキーが加わり、まさに最強メンバーとなった海賊達。

彼らよりはるかに年上でありながら、あれほどの仲間に恵まれることはなかった。今後もないだろう。緑内障で弱気になっているところは否定できないにしても、こうも心を揺さぶられるのはなぜだろう。

若者達もまた、人生の閉塞感を味わい、このワンピースという漫画に水平線のその先へと広がっていく世界を見ているのだろうか?緑内障や白内障なんて関係のない、それどころか老眼でさえない若き眼で。

水平線なんて見たこともない。ずっと会社勤めをしてきて、自由な人生だって経験したことがない。家族もいるし、引越しすら自由にはできないのが現実だ。

別に家族がいることに文句をいうつもりもないし、むしろ妻も子供も大切な存在だ。ただ、漫画ワンピースの世界に魅かれてしまったのも事実だ。

ロロノア・ゾロのように世界の頂点を目指すのもいいだろう。私は会社のトップになれる可能性もない。ルフィーのように仲間を守るために戦うのもまた、素晴らしい。わが身を振り返れば、戦うなんていうことは日常の中に存在していない。

巨大な海洋類の襲撃なんていうこともない。俺の人生は一体なんなのだろう。必死で生きてきたのに、振り返ってみたら、これといってなにも残っていないのか。

どこまで行っても船長にはなれない。なんだか空しい。会社勤めのビジネスマンのなれの果てという気がした。

そうはいっても、実際に海に自由があるわけでもないだろう。各国それぞれの港で規制もあるし、実際のところ航海ルートにだって縛りをかけられる。

ビジネスもいいものではないが、職業を変えたところで大した違いはないということか。ビジネスという大海原も、実際の海も同じなのかもしれない。

それにしても、サンジのムラの多さは何なのだろう?ルフィー一行の主力として活躍するかと思えば、格下の相手に惨敗したりする凄腕コック。ここしばらく、なんだかまともな活躍をしていないような気がするし、すっかりロロノア・ゾロとは差をつけられている感がある。

2人のライバル関係はそろそろ無理が出てきたのだろうか?


緑内障で失明しないために

 緑内障で神頼み

緑内障で失明しないために

緑内障について書かれた文献を色々と読み漁ってみた。かすむ目で慣れない医学用語など読んでいくのは正直辛い。目と頭が老化しているのを如実に感じた。

どうもよくわからない。結局、どうしたらいいんだ?緑内障が完治する治療法はどんな方法なんだ?

緑内障で手術をしなくてはいけないのはどんな場合で、どうしたら手術の必要がなくなるんだ。

こんなとき、小島ヨシオなら「でもそんなの関係ねえ。でもそんなの関係ねえ」と吹き飛ばしてくれるのだろうが、ここに小島ヨシオはいない。私は小島ヨシオでもない。

肉体派芸人を装いながら、実は早稲田大学出身の小島ヨシオとはまるで違うのだ。

くよくよするなと言われて、元気でいられるわけがない。診断結果は緑内障、でもそんなの関係ねえ。そんなの関係ねえ。とはいかない。

大いに問題だ。私にとっては避けられない問題だ。困った人間がすることなんて昔から決まってる。神頼みだ。

無宗教でありながら、自分の都合が悪くなると神にすがってみる、結婚式はキリスト教でも、葬式は仏教や神道にのっとるような、典型的な日本人の行動だ。

しかし、今はそんなことを気にしている余裕はない。私は、失明という危機を控えた緑内障患者なのだ。世界が闇に包まれる失明を前に、冷静でなどいられるわけがない。

手を組んでみたり、念仏の真似事を唱えてみたり、そもそもどの宗教を信仰しているのかもわからないまま、ただ神頼みをしてみた。

緑内障が完治するように。せめて、これ以上悪化しないようにと。

それが果てしなくムダで空しい行為と知りつつも、そうでもしなくてはこの失明の不安や孤独には耐えられなかった。

神社が見つかれば手を合わせ、寺の境内でわけもなく立ちすくむ。それは失明することない生活、暮らしへの執着であり、欠けることない体の完全性を保った人生の継続への願いでもあった。


緑内障で失明しないために

 緑内障に揺れる

緑内障で失明しないために

元上司とのゴルフの日取りが決まった。もう2人、知り合いを連れてくるということだったが、それ以上詳しいことは聞かなかった。

当日になれば分かることだしかまわないだろうというぐらいにしか思っていなかったし、それ以上とくに期待も不安視もしていなかった。

パソコンの画面がかすむ。加齢だけで考えても自然なことだが、こんな些細なことがひどく気になる。

これも、緑内障のせいではないのか?そんな疑問が絶え間なく襲ってくる。

「あの、最近、大丈夫ですか?目をしばたたかせてることが多い気がするんですけど・・・」

部下の相澤だった。お局的なポジションの彼女から、こんな言葉が出てくるとは意外だった。もっとも、抑揚のない事務的な話し方ではあったが。

「いや、大丈夫だよ。老眼かな。まあ眼鏡がいらないだけ御の字だよ。」

「そうですか。それならいいんですけど。」

部下に自分が緑内障とは言えない。別にそう告げてもいいのだろうが、心のどこかでブレーキをかけてしまう。

年齢からして、体が健康そのものというのも不自然だ。どこかしらガタがきてるくらいは当たり前なのだが、この緑内障という病気を口にするのをためらってしまうのは、やはり心の整理がついていないからだろう。

軽口を叩けるようなものではないのだ。

もっと奥深くにある不安。これまで大した病気もしてこなかったために、いい年していまだ空気や水のように当然のように思っている健康を失い、失明の危機にある自分にとって、緑内障という病気はあまりにも深刻でデリケートすぎる。


緑内障で失明しないために

 座頭市はなぜ失明したか?

緑内障で失明しないために

座頭市は盲目の侍だったが、失明の原因はなんだったのか?意外と緑内障だったりするのか?

ふとそう思ってTSUTAYAに行ってみた。近所にありながら、初めて店内に入る。映画コーナーから、北野武監督のコーナーを見付け、座頭市を見つけた。

会員証を作成して、レンタルしようとしたら、年会費不要のキャッシュカード機能付きの会員カードと、キャッシュカードなしで年会費がかかる会員カードとの選択を迫られた。

面倒なので、年会費不要のキャッシュカード機能付きの会員カードを選んだ。

家に帰り、座頭市の映画を見ていた。カンヌやベネチア映画祭でいくら話題になろうと、北野映画を見るのはこれが初めてだった。

「へえ、めずらしいわね。あなたがわざわざ映画を見るなんて。」

後ろから妻の声が聞こえた。空返事で右から左へ受け流した。ムーディー勝山のように受け流した。

私は食い入るように映画に見入っていた。座頭市は緑内障だったのか?

映画の最後で答えは出た。座頭市は目が見えた。見えないふりをしていただけだ。失明の理由などなかったのだ。

ほっとしたような残念だったような、なんだかわからない気分だった。ひとまず、座頭市は緑内障ではなかった。

「どうしたの?そんなに疲れた顔して?」

「いや、ちょっと気になったことがあって。なんでもないんだ。」

「そう。でも大丈夫。そう簡単に目が見えなくなるなんていうことはないわよ。」

妻には見透かされていたようだ。わずかに感心のずれ始めた世界。目が見えなくならなくても世界の見え方は変わっている。

武士の一分で木村拓哉が演じた侍も盲目だった。盲目の侍というのは時代劇における重要なテーマなのだろうか?

せっかく会員カードも作ったのだし、明日はTSUTAYAで武士の一分でも借りてこようか。

木村拓哉はなぜ失明したのか?盲目になるかもしれない者としてはとても気になることだった。

傷を舐め合うだけでも、仲間がほしい。


緑内障で失明しないために

 緑内障と家族

緑内障で失明しないために


緑内障でグリーンか、なんだか悪ふざけのブラックユーモアみたいだな。

会社を出て家へ向う道すがら、そんなことに気付いて苦笑いをした。

―ゴルフか。目のことは置いておくにしても、ちゃんとできるのか?

加齢と運動不足にさらされた体では、どれだけのことができるかは疑問が残っている。

それはそれでいい。もうスコアを競う若さや勢いはない。純粋に楽しんだらいいさ。

ゴルフのことを考えていたら、自然と緑内障や失明の不安から意識が離れていた。それだけでも元上司に会いに行った価値はあっただろう。それに、人に話したことで気持ちもずいぶん楽になった。

しかし、とふと考えてしまう。元上司はすい臓がん。命への影響の重大さという観点では、自分よりも深刻な状況にある。のんきに相談をしている場合じゃないのではないか?むしろ、自分がいたわる立場にならなくてはいけないのではないだろうか?

そんなことを考えているうちに、家に着いた。何事もない様子で家に入ろう。緑内障の告知以来、家庭では平静を装うことが習慣になっている。

家族には心配をかけたくはない。緑内障で苦しむのは自分ひとりでいい。

それが片面で独りよがりな思い上がりであることは承知している。それでも、家族に辛い顔を見せるのは忍びない。平気な顔をしていたいんだ。

引越しでもして、気持ちの整理がつくまで一人暮らしでもしたいような気もするが、もうそんなわがままが通じる年齢でもない。

若手のビジネスマン達のようにはいかない。ビジネスでもプライベートでも、ベテランとしての道を歩まなくてはならないのだ。

ゴルフはいつまでたっても下手だけど。そんなことに思い当たり、思わず苦笑いしながら帰るべき我が家に帰った。

何も変わらない家族がそこにいることが嬉しい。そうじゃなければ、気持ちがダメになってしまっていたのかもしれない・・・。


緑内障で失明しないために

 元上司のすい臓がん

緑内障で失明しないために


「すい臓がんなんだよ。転移の仕方によっては命を落とすかもしれない。それでも、ガンならよかったか?」

「すいません。そんなつもりじゃなかったんです。」

驚いた。まさか目の前にいる元上司がすい臓がんを抱えていたとは。たしかに定年間近でいい年になるが、見た目には健康そのものなのに。

「こんあことになるとは思ってなかったよ。おかしな話だよな。もう歳も歳なんだから、いつ死ぬような病気になったっておかしくないのに、それでも病気ってやつはなるまで現実感がないんだよな。ガンになって、初めて健康のありがたみがわかるんだよ。」

思い当たるふしは大いにあった。緑内障になるまで、自分も失明するかもしれないなんて考えたことはなかった。緑内障、すい臓ガン、失明、ガン細胞の転移、死。様々な言葉が頭の中で渦巻く。

「いきなり緑内障なんて診断されたら、それは同様するよ。でも、諦めてどうする。最悪、失明するとしてもまだ先だろ。備えは十分できる。目が見えなくたって生きてはいけるんだから。俺みたいに死んじまうかもしれないわけじゃないだろ。」

「そんなに悪いんですか?」

まさか相談を持ちかけた相手が、自分より深刻な健康状態にあるとは思ってもいなかった。

「お前と同じだ。悪化すれば命を落とすかもしれないけど、今のところは可能性だけだ。日常生活に不自由もない。強力な抗ガン剤ではげてるわけでもない。」

そう言うと、かつての上司は自分の頭を叩きながら、少年のような笑顔を浮かべた。抗ガン剤など関係なく、かつて同じ営業部で働いているときからだいぶ薄くなっているハゲ頭を強調しながら。

思わず笑ってしまった。それにしても、すい臓なんていう深刻な病気を抱えながら、どうしてこの人はこんなに陽気でいられるのだろう。意識的になのか、それとも性格によるものなのか?

「まあ、すい臓がんって分かってから、食事には気をつけるようになったけど、ゴルフもまだやるし、どうってことはないよ。そんなもんだって。俺もお前ももう若くないんだし、病気と共存することを考えなくちゃいけないのかもしれないな。お前は、ゴルフはどうなんだ?」

「いや、相変わらずです。というより、最近はしばらく離れていたので、昔より下手になってるかもしれませんね。」

「そうか、緑内障か。視力は悪化してるのか?」

「いや、それがそうでもないんです。眼圧が上がったり視野が狭まったりはしてるんですけど。」

「そうか、じゃあ久々にゴルフでも行くか。すい臓がんと緑内障の患者がそろってグリーン上に立ってゴルフって言うのも悪くないだろ。」

いつの間にか、ゴルフに行くことになっていた。緑内障と診察されてから、無気力気味だった気分を転換させるにはいいかもしれない、淡い期待をもってかつての上司の誘いに応じることにした。





緑内障で失明しないために

次のページ
copyright © 2005 緑内障、原因と対策 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。