FC2ブログ


   緑内障、原因と対策
   緑内障は進行により視野が欠けていく目の病気です。 放置しておけば失明にもつながる恐ろしい緑内障の原因を知り、治療法・対策を学びましょう。

正常眼圧緑内障
緑内障の原因
緑内障名医を主治医に
緑内障と薬
緑内障名医と闘病記に記された真実
緑内障の手術と名医
緑内障の手術
正常眼圧緑内障に注意
緑内障の治療費はどれだけかかるか?
新しい緑内障名医ランキング
緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?
緑内障の名医

 スポンサーサイト

緑内障で失明しないために

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑内障で失明しないために

 元上司のすい臓がん

緑内障で失明しないために


「すい臓がんなんだよ。転移の仕方によっては命を落とすかもしれない。それでも、ガンならよかったか?」

「すいません。そんなつもりじゃなかったんです。」

驚いた。まさか目の前にいる元上司がすい臓がんを抱えていたとは。たしかに定年間近でいい年になるが、見た目には健康そのものなのに。

「こんあことになるとは思ってなかったよ。おかしな話だよな。もう歳も歳なんだから、いつ死ぬような病気になったっておかしくないのに、それでも病気ってやつはなるまで現実感がないんだよな。ガンになって、初めて健康のありがたみがわかるんだよ。」

思い当たるふしは大いにあった。緑内障になるまで、自分も失明するかもしれないなんて考えたことはなかった。緑内障、すい臓ガン、失明、ガン細胞の転移、死。様々な言葉が頭の中で渦巻く。

「いきなり緑内障なんて診断されたら、それは同様するよ。でも、諦めてどうする。最悪、失明するとしてもまだ先だろ。備えは十分できる。目が見えなくたって生きてはいけるんだから。俺みたいに死んじまうかもしれないわけじゃないだろ。」

「そんなに悪いんですか?」

まさか相談を持ちかけた相手が、自分より深刻な健康状態にあるとは思ってもいなかった。

「お前と同じだ。悪化すれば命を落とすかもしれないけど、今のところは可能性だけだ。日常生活に不自由もない。強力な抗ガン剤ではげてるわけでもない。」

そう言うと、かつての上司は自分の頭を叩きながら、少年のような笑顔を浮かべた。抗ガン剤など関係なく、かつて同じ営業部で働いているときからだいぶ薄くなっているハゲ頭を強調しながら。

思わず笑ってしまった。それにしても、すい臓なんていう深刻な病気を抱えながら、どうしてこの人はこんなに陽気でいられるのだろう。意識的になのか、それとも性格によるものなのか?

「まあ、すい臓がんって分かってから、食事には気をつけるようになったけど、ゴルフもまだやるし、どうってことはないよ。そんなもんだって。俺もお前ももう若くないんだし、病気と共存することを考えなくちゃいけないのかもしれないな。お前は、ゴルフはどうなんだ?」

「いや、相変わらずです。というより、最近はしばらく離れていたので、昔より下手になってるかもしれませんね。」

「そうか、緑内障か。視力は悪化してるのか?」

「いや、それがそうでもないんです。眼圧が上がったり視野が狭まったりはしてるんですけど。」

「そうか、じゃあ久々にゴルフでも行くか。すい臓がんと緑内障の患者がそろってグリーン上に立ってゴルフって言うのも悪くないだろ。」

いつの間にか、ゴルフに行くことになっていた。緑内障と診察されてから、無気力気味だった気分を転換させるにはいいかもしれない、淡い期待をもってかつての上司の誘いに応じることにした。





緑内障で失明しないために

copyright © 2005 緑内障、原因と対策 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。