FC2ブログ


   緑内障、原因と対策
   緑内障は進行により視野が欠けていく目の病気です。 放置しておけば失明にもつながる恐ろしい緑内障の原因を知り、治療法・対策を学びましょう。

正常眼圧緑内障
緑内障の原因
緑内障名医を主治医に
緑内障と薬
緑内障名医と闘病記に記された真実
緑内障の手術と名医
緑内障の手術
正常眼圧緑内障に注意
緑内障の治療費はどれだけかかるか?
新しい緑内障名医ランキング
緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?
緑内障の名医

 スポンサーサイト

緑内障で失明しないために

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑内障で失明しないために

 緑内障の恐怖

緑内障で失明しないために

緑内障でもっとも恐ろしいのは視野狭窄でしょう。
今までよりも見えている視野が欠けてきて、見える範囲が狭くなり、最悪失明することもあります。

また、かすみ目や疲れ目を伴うこともあります。
そういった場合だと、視野狭窄だけではなく、見えている部分でもぼやけてしまうことになります。

緑内障は加齢とともに引き起こしやすくなる病気ではありますが、人間にとってもっとも重要な視覚が欠けていくのは恐怖にほかなりません。
ただ一言、「歳だから」では済まないというのが患者の率直な感情ではないでしょうか。
そうだとしたら、緑内障はどうしようもないの一言でことを終えようとするようなヤブ医者とはさっさと縁を切るべきです。
信頼できる名医や権威を探し出し、この恐怖を一刻も早く拭い去りましょう。

緑内障という病気の性質上、完治は難しいかもしれません。
しかし、老化しながらも視野狭窄を最小限に抑え、快適な状態を保つことは多かれ少なかれ可能なことです。
それをしないですっかり視野狭窄に陥り、もはや取り返しのつかないことになってしまうというのは、大きな恐怖です。

病気は感情を揺さぶります。不安や恐怖を引き起こし、やる気や前向きな気持ちを奪い去ります。
それでも、恐怖に支配されてはいけません。
緑内障といえども、何一つ手の打ちようのない病気ではありません。
専門の名医や権威に相談することにより、視野狭窄の進行具合を抑制することができる場合も多くあります。

諦めるには早すぎます。恐怖に打ち勝ち、視野狭窄を抑えましょう。
いくら緑内障の名医や権威でも、患者にその気がなければ治療や手術はできません。

視野狭窄の恐怖を乗り越えて、健やかな目を取り戻しましょう。


緑内障で失明しないために

 目は一生もの

緑内障で失明しないために

目は一生ものの財産です。視野が狭くなり、失明の危険をはらんだ緑内障の治療法は原因解明と並んで重要なことです。名医の存在や居場所、所属病院などは一般の患者に広く知られているところとは到底言えません。それでも名医の情報は失明の危機にある患者としては喉から手が出るほどほしいものです。

緑内障の原因を明確に答えられますか?生活習慣により変えられるリスクとはどの範囲なのか、その効果の程度とはどうなのかといったことについての知識は必須です。病院で処方された点眼薬や飲み薬が自分に合っていなくても、処方した医師に対抗できるだけの知識がなければ従うしかありません。疑いだけが募って、お金を払って購入した薬を飲まずに置いておくということにもつながります。

それなら名医の緑内障の原因についての分析を参考にしたり、色々な知識を吸収してもっと眼病に詳しい、そして自分の目の健康に明るい患者としての人生を送ってみてはいかがでしょう。他人に自分の視覚をコントロールされるなんて屈辱ではありませんか?自己統制権は人権の基本です。欲するままに人生は進んでいきます。あなたが他人任せにしたツケはいずれ自分にまわってきます。

緑内障に負けずに自分らしく毎日の生活・暮らしを送りたいと切に願うなら、天もその願いを聞き入れてくれるかもしれません。諦めたらそれまでです。その先に進むには苦しくても、一人暮らしでも引越したてでも、あるいは転職したりリストラされたばかりでも前に進むことが大切になってきます。眼鏡に頼れば済むような眼病ではありません。

視神経が変調をきたせば、当然体全体への影響も免れません。頭痛やめまい、不眠の原因にもなりかねません。緑内障の名医がその場で完治させてくれる。それはとても理想的です。しかし、すい臓がんや胃がんのように命に直接関わる病気というわけでもありません。その意味では比較的優しい病気といえるのかもしれません。

あなたは正常眼圧緑内障の原因や治療法を理解していますか?眼圧が正常であっても、緑内障になったり視野が欠けてくることはあります。いわゆる視野狭窄というものですが、これはいざ自分が経験してみると恐ろしいことこの上ありません。人間は五感の中でも視覚に大きく依存している生き物です。それが視野が欠けていく恐怖というのはくどくど説明するまでのないでしょう。


緑内障で失明しないために

 緑内障の名医

緑内障で失明しないために

医者の力量は一定ではない。最近の医療事故などをきっかけに、医者や病院の格付けがされたりもしているが、風邪のような気軽なものではない以上、やはり緑内障の名医が必要だ。多少遠くまで出掛けていくことになっても、失明の危機を免れるなら決して無駄な苦労などではない。

とはいえ、そうそうに見つかるものでもないし、もちろん一般常識で各病気のプロフェッショナルを知っているわけでもない。いっそのこと、国が医師の国家試験の上に、国家推薦医師ランキングといったものを制度化することで、日本の医療レベルが上がるのにとさえ思う。

嘆いてばかりもいられない。とにかくネットで緑内障の名医を調べてみた。ただの眼科と緑内障や飛蚊症、白内障といったそれぞれ特定の眼病に特化した眼科とがある。当然必要なのは後者、その中でも緑内障を得意とする病院、そして名医だ。

ホームページからもそれぞれの病院の考え方が読み取れる。ただ当り障りのない言葉を使っているだけの病院。手術数などの数字を公開し説得力を持たせている眼科。ユーザビリティを無視したホームページ制作をしている医院など。

もちろん、すべての病院に優秀なホームページ制作スタッフがそろっているわけではないし、ネットへの力の入れ方も千差万別だろう。元々ついでにつくったウェブサイトもあれば、診療時間や休診日の告知を主たる目的にしたサイトもある。その地域住人の集客を求めるホームページもあるはずだ。

ただ、地域密着型の眼科は、逆にいえば日本中、ひいては世界中から患者を集客できるだけの特別な専門技術がない可能性が高いだろう。緑内障の名医、権威となれば、当然日本中から患者が足を運ぶはず。いかにその病院が緑内障についての専門性の高い名医を有しているか、実績があるかを訴求しているサイトを探すことで、自然に名医に行き着く可能性は高くなる。

緑内障の名医はあなたに光を与えてくれる。
心理的な意味でも、現実的な意味でもだ。
あなたの目が視野狭窄に陥っているとしても、それは食い止められる可能性がある。
知らずにいればそのままですが、改善の糸口はありえる。。

どうにかして自分の目を以前の良好な状況に戻したいというのは当然の願望ですが、そのための方策を打ち立てているかどうかという部分では、個人差が大きくある。
自力で緑内障の名医を探す人もいれば、ただ焦るだけで何も行動は起こさない人もいる。
その差異は大きなものだ。



緑内障で失明しないために

copyright © 2005 緑内障、原因と対策 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。