FC2ブログ


   緑内障、原因と対策
   緑内障は進行により視野が欠けていく目の病気です。 放置しておけば失明にもつながる恐ろしい緑内障の原因を知り、治療法・対策を学びましょう。

正常眼圧緑内障
緑内障の原因
緑内障名医を主治医に
緑内障と薬
緑内障名医と闘病記に記された真実
緑内障の手術と名医
緑内障の手術
正常眼圧緑内障に注意
緑内障の治療費はどれだけかかるか?
新しい緑内障名医ランキング
緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?
緑内障の名医

 スポンサーサイト

緑内障で失明しないために

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑内障で失明しないために

 緑内障の痛み、我慢しない

緑内障で失明しないために

緑内障の痛み、我慢しないというのは、CMで流れていた言葉です。
病気にかかっても、その苦痛を適切な形で表現するのは思いのほか難しいものです。
日本人は、緑内障の痛み、我慢しないという言葉を理解するのが苦手な国民かもしれません。

過度に自分の殻に閉じこもり、他人には思いのたけを伝えることを戸惑ってしまったり、反動で攻撃的に自分の苦しみを押し付けて周囲の人間を困らせてしまったりということになりがちなのではないかという気がします。
もともと、日本人は感情表現の豊かな民族というよりは、耐えて忍ぶ国民性を持っているのではないかと思います。
それは長年の歴史の中で培われてきた確かな美徳ではありますが、辛いときには耐えられなくなってしまうこともあります。

だからこそ、緑内障の痛み、我慢しないということが意味を持ってきます。
病気になったからといって、あなたは優遇されるわけでもありません。
驚くほどの無関心を周囲が露呈することだってありえるのです。
誰しも毎日を忙しく過ごし、余裕もないのだから仕方がないことでしょう。

緑内障の痛み、我慢しないというのは、そんな鈍感に対する対抗策でもあります。
周囲が気付いてくれないのなら、自分から働きかけるしかありません。
相手が察してくれると願うのは無理もないことですが、現実の厳しさを改めて思い知る必要などはありません。
避けられる困難は回避するに越したことはありません。

いくら、緑内障の痛み、我慢しないというキャッチコピーが流通したところで、苦痛は向こうから勝手にやってくるものです。
つまり、生きている限りは多かれ少なかれ共存せざるをえないのです。
それを自分ひとりの胸の内で抱え込むか、他人を巻き込んで少しだけ肩代わりをしてもらえるかという違いが、その本質になります。

「緑内障の痛み、我慢しない」
毎朝、そっと口にしてみるだけでもいいと思います。
いつだって、始めの一歩は小さなものです。
しかし、そのわずかな進化が、ゆくゆくは大きな格差を生み出すことになるのです。

1人孤独に老衰していくか、緑内障痛み、我慢しないで他の人にも理解してもらうかで、その後の人生は大きく様相を変えます。
暗闇の中に差し込んだわずかな光は、病気を完治させて輝く患者の姿かもしれません。
病院のベッドの上の生活に別れを告げて、勇ましく第二の人生をスタートさせる自分の姿を想像すると、どこか遠いもののようで、現実離れして感じるかもしれません。

しかし、人間は望むものにしかなれません。
悪い方向への転落はあっても、いつのまにか祭り上げられるということなど、歴史上そう頻繁には起こりえないものです。
緑内障の痛み、我慢しないというのは、ある意味で積極的に行動を起こすということです。

それは体力の落ちた患者にとっては、大きな負担になるかもしれません。
気力・体力ともにたくましい時代とは違うんだと、緑内障の痛み、我慢しないなんて言葉は受け流している人もいます。
間違っているとは思いません。
少なからず真実を含んでいるからです。

一方で、誤解を内包していることも否定できません。
過去を振り返ってみたところで、そこには何の意味もないからです。
―緑内障の痛み、我慢しない。
それは他人任せにしてしまおうという趣旨ではなく、将来に向けての闘病生活への取り組み方なのではないでしょうか?

超人ではないのですから、どんな困難にも耐えられるというわけではありません。
あまりに辛ければ、心が折れてしまいます。
そんな風になってしまう前に、緑内障の痛み、我慢しないということを肝に銘じて、主治医や家族、友人に思いのたけを打ち明けてみてはいかがでしょう?
案外、そんな何気ないところから、人生は進展していくのかもしれません。

相手だって、日々の暮らしに終われている要素はあります。
しかし、あなたが勇気を持って告白したのなら、耳を貸してくれるのではないでしょうか?
連帯感や人の温かさを信じることができれば、緑内障の痛み、我慢しないということは実行に落とし込めるはずです。

曲解しないでほしいのは、わがままになれということでは決してないということです。
生きていれば、どうしたって問題を抱えることになります。
命に関わる重病であっても、被害妄想に陥っては、相談される相手にとって迷惑なだけです。

健康であるだけでも、無邪気なものだと感じてしまうかもしれません。
緑内障の痛み、我慢しないで冷静に状況を把握、そして第三者の視点で自分を見つめることで、現状を客観視することができるというものです。
まだまだ健康への望みを捨てきれていないのなら、必死で生への執着を見せていいのです。

緑内障で失明しないために

 緑内障の健康食品の落とし穴

緑内障で失明しないために

抗がん剤の副作用や手術のリスクを踏まえて、緑内障を健康食品で治そうというのは、必然的な考えと言えるかもしれません。
しかし、そこになんの隙もないかということになると、そんなことはありません。
健康食品で緑内障の治療を行うのであれば、そこにひそむ落とし穴を把握しておく必要があります。

たとえば、業者・商品ともに玉石混合という状況が挙げられます。
たしかに良質のものを提供している会社もありますが、通販会社によっては、劣悪品を販売して利益を得ている業者も存在しています。
薬と違い、緑内障の健康食品を販売するには、国による審査はありません。
ある意味、自由に販売ができるのです。

もちろん、食品なので一切の規制がないわけではありませんが、あくまで口にいれるものとしての審査にとどまります。
その健康食品が緑内障治療に有効かということは、販売業者側での判断になります。
そうなれば、たとえ固定客等がつかなくても、投機的にお金を得ようという患者の弱味につけこむ会社が出てくるのは必然的なことでしょう。

もっと規制を厳しくすればよさそうなものですが、薬のように審査を厳格化すると、臨床実験等で莫大な時間と費用を要するものになります。
当然、消費者である患者にとって、緑内障の健康食品の価格が高騰することになります。
さらに、西洋医学により科学的に分析できないものは、販売禁止になってしまうため、民間の伝承に基づくものや、東洋医学に起源のあるものは入手できない結果になります。

健康食品で緑内障と戦っていこうという患者にとって、それがいいとひとえに語れるものではありません。
もちろん、怪しい業者を締め出すことは必要です。
しかし、国がそれほど乗り気でない現状では、自分で防衛策を立てる必要があります。

店頭販売であれば、店員の接客態度がまず第一のチェックポイントです。
満足に接客一つできない会社を信用できるでしょうか?
わたしならとてもできません。
販売する商品が緑内障の健康食品であれ、何であれ、やはり店員の接客が悪いというのは、社員教育すらできていない会社ということになってしまうでしょう。

通信販売の会社なら、まず電話やメールによる相談がないようなところは利用しません。
緑内障の健康食品を販売するとなれば、顧客は多い悩みを抱えていることは当然です。
相談や質問の受付窓口がないようでは話になりません。
たとえネット販売であっても、電話での受け付けぐらいはしているべきではないでしょうか?

また、その際の対応が、どれだけ踏み込んだ内容まで返答できるかということも重要です。
緑内障の健康食品を販売するには、商品だけではなく病気、さらには闘病生活を送る患者の気持ちを理解している社員のいる会社である必要があります。
それができていないのなら、素人が緑内障の健康食品を販売しているのと同じ事です。

成分量の極端に少ない緑内障の健康食品を販売している会社もある以上、選択する際には厳しい目をもつことが求められています。
いくら治療に有効な成分でも、適量というものがあります。
少しだけとっても気休めにしかなりません。
それでも緑内障の健康食品として販売している場合があるので、注意が必要です。

そういった誠意のない企業は、社員教育も手を抜いて一時的な利益の追求に走ることも多いので、顧客との対応でその会社の実力をはかるということも重要でしょう。
また、それに加えてパッケージやホームページの表示も参考になります。
原料は何が使われていて、どこで製造されているものでしょう?
原産地は最近では特に重要性を増しています。

他の食品と同じように、緑内障の健康食品においても、中国産等はあまり好ましくないでしょう。
しかし、そもそもそれを消費者に公表しているのかどうかということもあります。
必要な情報を提供していないとなれば、それは当然好ましくありません。

健康食品で緑内障を治療したいとなれば、それはいい加減な商品では到底足りません。
選び抜かれた本物を選ぶためには、購入する側にも注意が必要です。

また、一概にどの成分が有効かという問題もあります。
人によって相性というものが違うからです。
ある人には合う緑内障の健康食品でも、別の人には変化が見られないということもあります。

体質や症状の進行具合は千差万別です。
それだけに、万人向けの緑内障の健康食品は存在しません。
自分に合っているかどうかという観点を持ちながら、試していくことが必要とされます。

とはいえ、即効性を期待するのは難しいものです。
一般的に効果を感じ始められるまでどのくらいの時間がかかるか、あらかじめ確認しておきましょう。
健康食品で緑内障を治すには、適度な時間を見てそれが有効かどうかを試す必要があります。

緑内障で失明しないために

copyright © 2005 緑内障、原因と対策 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。