FC2ブログ


   緑内障、原因と対策
   緑内障は進行により視野が欠けていく目の病気です。 放置しておけば失明にもつながる恐ろしい緑内障の原因を知り、治療法・対策を学びましょう。

正常眼圧緑内障
緑内障の原因
緑内障名医を主治医に
緑内障と薬
緑内障名医と闘病記に記された真実
緑内障の手術と名医
緑内障の手術
正常眼圧緑内障に注意
緑内障の治療費はどれだけかかるか?
新しい緑内障名医ランキング
緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?
緑内障の名医

 スポンサーサイト

緑内障で失明しないために

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑内障で失明しないために

 緑内障の回復

緑内障で失明しないために

老化かるくる緑内障の原因・治療法とは?
原因や治療法がわからないまま、眼科医の言いなりで後悔せずにいられるのでしょうか。患者側でも最低限の知識は持っておくべきです。

緑内障の名医や権威はどのように探したらいいのか?地域別に見た場合と、全国的に見た場合の緑内障の名医とは?

眼圧の正常値はどのくらいかはわかりますか?また、あなたの眼圧の値は安全なものでしょうか?

生活・暮らしを快適にするためにできることとはなんなのか、それが重要なテーマです。
大胸筋を鍛えたところで、緑内障が完治するわけではありません。

それでも生活・暮らしを中断するわけにはいきません。驚くほどのことです。
ある種の絶望にも似た感情を抱いたとしても、生活・暮らしは続いていきます。
緑内障でも白内障でもそれは同じことです。

モデルのAKEMIをテレビで見かけたからといって、それで抱えている問題がすべて解決するわけではありませんが、脳内メーカー頼みの人生にも応えはないはずです。

緑内障を完治させる名医を見つけることができれば、それが理想でしょう。しかし、それが簡単には出来ないことは周知のとおりです。
情報収集能力の観点からも、単純に運という部分でも、すべてが自分の思うように行くわけではありません。


緑内障で失明しないために

 新しい緑内障名医ランキング

緑内障で失明しないために

緑内障名医ランキングは更新されていくことに存在意義があります。
何年も前のものを参照したところで、それはその時点での評価にすぎません。

その間に技術は進歩し、新しく緑内障名医ランキング入りを果たす医師や脱落していく人がいるのは当然のことです。
新陳代謝があってこそ、過去の栄光にすがる老廃物に成り下がらないように、医師や病院は切磋琢磨して腕を磨いていくといえるでしょう。
若手の台頭というのは、医学界に限らず、どのような業界にもあるものです。
新しい波があってこそ、かつてから権威を誇っている者も常に向上心を持って仕事に取り組めます。

そうして新旧入り乱れての 緑内障名医ランキング入りをめぐる攻防は、単なる派閥や駆け引きなどとは別次元の、医師本来が目指すべき姿に到達しているかどうかという指標になります。
患者にとって有益であることはもちろん、病院にとっても明確な目標を掲げられることは励みになるはずです。
病状というのは進行具合も含めてまちまちですので、簡単には比較ができないという問題点があります。

評価基準を定めて緑内障名医ランキングを打ち出すことで、その比較の難しさを緩和することができます。
お笑い芸人も誰が優れているかというのは必ずしもはっきりしていませんが、M-1ではそこに優劣をつけることで新しいスターを生み出しています。
チュートリアルやアメリカザリガニは元々人気のあるコンビでしたが、2007年王者のサンドウィッチマンは急激に認知度が高まりました。

緑内障名医ランキングをM-1と同列に扱うのは不適切かもしれませんが、共通項はあるような気がします。
そこで優勝することが全てではありませんが、一つの基準にはなりますし、トップを取るには実力が伴わなければ話にならないという点です。
歴代のM-1王者のネタを見ていると、テンポやキャラクターの強さが一貫した条件として必要とされていることがわかります。

キャラクターが強いというのは、 緑内障名医ランキングに載るための必須条件ではありませんが、どのような場合に強みを持つかということは大切です。
より専門的に特化するというのは、自分の強みを活かしていくためには不可欠ですし、それは病院でも同じことです。
チュートリアルの徳井が執着心の強いキャラを演じるのを福田がさわやかに制するように、病気にどのような方法で対応できるかを説明できることは、差別化につながります。

他人と同じ領域で、どれだけ優れたレベルに達しているかということを示すのも重要ですし、緑内障名医ランキングはそのための指標でもあります。
一方で、競争相手の少ない分野でのスペシャリストを目指すのも重要の方策です。
ビジネスの世界では、ブルーオーシャン戦略としても有名なようですが、激しい競争により消耗するよりも、他の人では代わりがきかない特別な立場を確保するということは、重要な視点です。

自分が他人より秀でている点を追求した結果として、新しく緑内障名医ランキング入りを果たす医師もいるということです。
一般的な土俵で戦うのか、それともビジネスでいうニッチ戦略をとるのか、それはその人の考え方次第です。
ニッチ、すなわち隙間を狙っていくという方法は、同業者が少ないという点においてメリットがありますし、病気の場合には、数は少なくても患者は切実に治療を望んでいるのですから、社会貢献という観点でも意味深いものです。

そうなると、緑内障名医ランキングには、基本的な能力が優れている医師と専門的な分野における権威とが並存しているのが理想なのかもしれません。
人間には個性がありますので、長所と短所もそれぞれです。
走ることが得意であったり、絵を書くことが好きだったりと、その人の適正を活かしていくことが、本人のためにも周囲のためにも有益でしょう。

ただし、医療機関というのは命を預かる場所です。
緑内障名医ランキングにのるような医師であれば、基礎がしっかりしていることは当然の前提とした上で、さらに付加価値をどうやって加えていくかということになります。
医師の中でも、研究者肌の人から手先が器用な人まで、様々なタイプがあります。
医大と国家試験に合格したから病院に勤務しているだけで、本来医師の適正がない人だって存在していることでしょう。

そのような雑多な状況の中から頭一つ抜きん出るために何をするか、その方策を練って成功した例が緑内障名医ランキング入りする医師でしょう。
甲子園で活躍した高校球児の大部分はプロ野球選手になることはできませんし、メジャーリーグで活躍できる選手はさらに限定されます。
ピッチャーであろうと外野手であろうと関係ありません。

ごく一部の人間だけが超一流の称号を得て、その他は引き立て役になってしまうのは世の常です。
患者が治療を受けたいと願うのは、 緑内障名医ランキングに入れるような選ばれた医師かどうか、それは自明の結論でしょう。
さわやかな高校生の野球に交換を持つことはできても、それは我が身と何の利害関係も持たないからこそのもので、生活が左右されるとなれば話は別です。

緑内障で失明しないために

 緑内障権威とドクハラ被害の実情

緑内障で失明しないために

緑内障権威がドクハラを行うということは、どれくらいの確率で起こることか、お分かりでしょうか?
明確な答えは出せないという方がほとんどでしょう。

そもそも、医師の中で緑内障権威と呼べる医師がどれだけいるのかという問題もありますし、ドクハラというのも程度問題ですので、はっきりした線引きはできないところがあります。
その辺りに曖昧なところが残ってしまうのですが、病院という閉鎖的な空間において、ドクハラという憎むべき行為が行われるのは、ある意味では自然なことでもあります。
世の中に開かれておらず、特殊な環境の中で自己完結してしまっている世界では、その内部関係がすべてであるかのような錯覚を起こしやすくなります。

そのために、患者に暴言を吐いたり人権を無視するような言動を取るような医師が出てくるのです。
緑内障権威だからといって、必ずしも例外ではありません。
すでに差別化できている存在というのは、病院という世界の中で特別な地位を築いていますので、勘違いしてしまうこともあります。
もちろん、全ての医師がそうだというわけではありませんし、患者と親身に向き合ってくれる緑内障権威だっています。

ただ、彼らの医者の中でも人間性に問題があったり、多忙な業務に終われて一人一人の患者との接し方が荒くなってしまう者もいることは否めません。
それが昨今マスコミでも話題になるドクハラというものです。
患者にしてみれば、医療機関を訪れる時には切実な思いを胸に秘めていることが多いものです。
そんな中、緑内障権威からかけられる言葉というのは、一言が重みを持ちます。

内容は間違っていないとしても、表現が不適切であるというだけで、大きな心理的負担になる状況が作られているということです。
もちろん、医師は精神科医ばかりではありませんし、カウンセラーでもありません。
緑内障権威にしろ、そうでないにしろ、ドクハラと疑われる発言をしないと断言できる人はあまりいないでしょう。

一般社会でも、思わぬ一言が他人を傷つけるということはよくあることです。
そんなつもりで言ったわけではないのに、思わぬ誤解を受けてしまったり、ニュアンスがうまく伝わらないもどかしさを感じたりという経験は、誰しももっているはずです。
ただ、表現者と聞き手とのギャップというものが、病気という特殊な状況を前提にしているだけに、緑内障権威を筆頭とする医師団と、患者との間では深刻化しがちなのです。

必ずしも、病院側にも悪意があるわけではありません。
それでも自覚を持って発言に気をつけてほしいとは思います。
緑内障権威の一言が患者を追い詰めることもあるということを心から理解することが、信頼関係を確立するうえでも欠かせない要素になるでしょう。
人間は機械ではないのですから、やはり気持ちを共有することは大切です。

ドクハラなど病院の恥という意識を持って、経営側にも緑内障権威にも治療に当たってほしいものです。
医師の一言で勇気付けられる事だって、患者にとっては多々あることです。
言葉の力というのは、医療の現場でも大いに議論されてしかるべきものではないでしょうか?
治療費を支払っているのだから、患者をお客だと捉えるべきだとまでは思いませんが、人間として最低限の思いやりは持っていてほしいものです。

緑内障で失明しないために

 緑内障生存率の高い病院

緑内障で失明しないために

病院の緑内障生存率が高いかどうかは、患者として気になるところです。
下手な医療機関を選んでせいで医療ミスにでも遭ってしまったらたまったものではありません。

自分が通院している病院の緑内障生存率が高いかを問題にするより、あらかじめ有力な医療機関を選定しておく方が賢明です。
なぜなら、たまたま近所にあったというだけの理由で通院している場合、その病院が特定の専門を持たない総合医療機関であったり、内科という程度の限定しかしていないために、個々の病気の実績については、参考になるほどのデータの蓄積がされていないこともあるからです。
それよりは、初めから評判の良いところをピックアップした上で、訪問してみた方が妥当な選択になります。

もちろん、偶然近所に名医や権威が勤務している可能性も否定はしません。
ただ、過度に楽観的なのも考えものです。
緑内障生存率が高い病院や名医が、偶然身近にいるというほど都合のよいことはそうそうあることではありません。
むしろ、まれなことであるということは認識しておかなくてはなりません。
手術をして、病気ではなく医療ミスで命を落とすこともありますし、手術失敗により寿命を縮めることもあります。

パソコンが壊れたときに、通りすがりの人には修理を依頼しないはずです。
機械に詳しい知人に頼むか、パソコン修理の専門業者に預けるでしょう。
下手にいじられたら、より一層事態が悪化すると予測するからです。

自分の身体でも同じことです。
名医や権威がいて、緑内障生存率が高い病院で治療を受ける方が、安心できるのではないでしょうか?
まして、身体はパソコンのようにいざとなれば買い換えれば済むというような安易なものではありません。

悠長にデパートの福袋を買いに早朝から列をなしている集団を見かけましたが、彼らもまた、新年という限られた時間を精一杯楽しもうとしているのかもしれません。
発症してから、緑内障の生存率から想定するに、あと何度年明けを迎えることができるのでしょうか?
漠然と思い描くだけにとどめることで、現実の壁に当たることを避けていますが、真剣に考えれば、多少バカバカしい楽しみでも、笑っている場合ではないのかもしれません。

限りある時間であれば、少しでも人生を謳歌するというのが、人間本来の正しい姿勢なのかもしれません。
福袋を買いに開店とともに駆け出した集団も、そんな切実さをどこかで抱えているのかもしれません。
たとえ今は健康であっても、誰しもいずれは臨終を迎えます。
それまでの期間を有意義に過ごすことは、緑内障生存率を高めることと同じぐらいに大切なことです。

名医や権威は最先端医療技術を駆使することはできても、人生の喜びを教えることは困難です。
福袋を正月に買いに走るようなことは、なかなか勧められないでしょう。
浮わついていてどうでもよく見えても、一日を明るく過ごすということ事態が、実は重大なことです。

年末年始のような季節感を日本人が忘れつつありますが、意外にコンビニの弁当やスイーツが季節を先取っているのが現代日本の縮図でしょうか?
気候に合わせた生活は、闘病生活にも不可欠なものなので、緑内障生存率を高めるのにも貢献しそうです。
名医や権威を探すのも大切ですが、暮らしに根付いた方策も大切にしたいものです。

緑内障で失明しないために

copyright © 2005 緑内障、原因と対策 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。