FC2ブログ


   緑内障、原因と対策
   緑内障は進行により視野が欠けていく目の病気です。 放置しておけば失明にもつながる恐ろしい緑内障の原因を知り、治療法・対策を学びましょう。

正常眼圧緑内障
緑内障の原因
緑内障名医を主治医に
緑内障と薬
緑内障名医と闘病記に記された真実
緑内障の手術と名医
緑内障の手術
正常眼圧緑内障に注意
緑内障の治療費はどれだけかかるか?
新しい緑内障名医ランキング
緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?
緑内障の名医

 スポンサーサイト

緑内障で失明しないために

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑内障で失明しないために

 名医に緑内障のセカンドオピニオンを受けてみた

緑内障で失明しないために

名医から 緑内障セカンドオピニオン を受けられる病院選びのコツをご存知でしょうか?
まだまだ治療の最前線で定着したとは言えない、複数の病院での受診ですが、そのメリットは見逃せません。

人間は誰でも完璧ではない以上、1人の医師の診断や治療方針を無条件に信じるよりも、名医に緑内障についてセカンドオピニオンをもらった方が、適切な診断であるという担保になります。
複数の医師から太鼓判を押されたとなれば、判断ミスの危険性が抑えられることになります。

病院の乗り換えのためではなく、自分が置かれている現状を振り返ってみるためにも、名医から緑内障のセカンドオピニオンをしてもらうことは有効です。
ただ、具体的なイメージが湧かないために、行動に踏み切るのに戸惑いがあったり、面倒くさいと感じてしまうこともあるでしょう。
日本では認知されてはいるものの、一般に普及しているとは到底言えない状況です。

それだけに、いざ自分が名医に緑内障のでセカンドオピニオンの打診をするというときに、主治医にカルテを要求することは躊躇してしまったりします。
実際に、医師の中には自分への疑いを持つことすらも嫌う横暴な人もいますし、特権階級のように振舞うことすら見受けられます。
そんな行いがどれだけ患者の信頼を薄れさせているかも考えず、ただ国家試験に通ったというだけで、自分の地位に居座ってしまうような人間に健康を委ねてしまっていいものかは考え物です。
名医に緑内障の転移を防止してもらうことは、治療生活に欠かせません。
すでに進行してしまった症状を治すことも大切なのですが、悪くなる前に予防することも大切です。

早期発見の重要性が叫ばれて久しくなりますが、緑内障の転移を防ぐこともそれと同じことです。
手術にしても抗ガン剤にしても副作用がありますし、身体には負担がかかります。
病気そのものは治ったとしても、それ以外の部分でのリスクがあることを考慮すると、まずは早期発見をし、緑内障の転移を防いでおくことです。

主治医に名医を迎え、相談のうえで治療方針を決定していけば、納得度も高まることでしょう。
すべてを病院任せにしたうえ、そこに信頼できる主治医がいるかどうかも検討していないというずさんな暮らしを送る患者も少なくありませんが、自分の人生に責任を持つという観点からすれば、それは好ましい態度ではないでしょう。
病院は医療のプロフェッショナル集団には違いありませんが、プロならそれで安心かというと、そうではありません。

レベルの高い名医なら防げる緑内障の名医も、並みの医師では不可能ということもあります。
実際に告知を受けると、それだけの冷静さや余裕を持てずに最初に診断を受けた病院に丸投げしてしまうことも多くあります。
そこに名医がいるかどうかではなく、もっとも身近であるという理由での病院選びには、疑問をもたざるを得ません。

困っているときに身近にいる専門家に頼りたくなるのは感情的にわかります。
しかし、それが緑内障の転移を防ぐためにベストな方法ではないのだとしたら、新しい道を模索することも視野に入れるべきです。
体力的にも余裕があるうちでないと、病院選びに使える体力など残っていないという事態に陥ってしまいます。

追い込まれてから危機感を抱いても、すでに体勢を立て直している余裕も無く、その場逃れでますます追い込まれてしまったという経験を持つ人も少なくないでしょう。
闘病生活に人生経験を活かすことはできますし、緑内障を転移させないという強い気持ちで先手を打っていきましょう。

最近ではスポーツ界だけではなく、闘病生活にもイメージトレーニングなどの精神的な作用を取り入れようという動きもあります。
笑いが健康に寄与するという話を聞いたことはないでしょうか?
病院よりも患者の方が、自分のことだけに感情をコントロールするのは得意でしょう。
それが緑内障の転移防止に一役買うのであれば、患者には朗報です。

病院でうける手術や抗ガン剤などの物理的な治療と、精神面からのアプローチと、できるだけの方法を尽くすことで生存率を高めることもできます。
緑内障を転移させないことで、より有利な闘病生活を送るために知っておきたい病院一覧は・・・

自分にあった主治医を探すためにも、名医からの 緑内障セカンドオピニオン は参考になります。
たとえ治療に当たってもらうの世間では評価の高くない医師であっても、治療方針や診断の正確性が確かであるということになれば、適正な治療費で安心して命を預けられることになり、その恩恵は計り知れません。
身体は一つしかないだけに、代わりがききません。

それだけのリスクを負っている以上、名医に緑内障のセカンドオピニオンを受ける程度の慎重さがあってもよいでしょう。
日本における医療の現場が、それを許すだけの度量の広さを持つことを望みます。
月が満ち欠けを繰り返し、満月も下弦の月にもなるように、人間も体が好調の時と不調の時とがあります。

病気になるということは、それで終わりということではなく、再生のためにも名医に緑内障についてセカンドオピニオンをお願いするということにより、患者は新しい人生を送ることができるのです。
夜空は暗くても、いずれ朝を迎えて夕日のような朝焼けが始まります。
太陽は永遠の存在ではなく、果てしない宇宙の中においては一瞬とも評価できる程度の時間しか存続できませんが、それでも人間の営みに比べたら圧倒的に長い時間です。

その程度の短期間を駆け抜けるように人類は生き、少しでも限りある期間を延ばそうと名医に緑内障のセカンドオピニオンを求めるのです。
そこには生命に対する飽くなき探究心とともに、古代より変わることのない生存本能が写されています。
まだ遣り残したことがある、そんな思いが人々を治療に向かわせるのです。

緑内障で失明しないために

copyright © 2005 緑内障、原因と対策 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。