FC2ブログ


   緑内障、原因と対策
   緑内障は進行により視野が欠けていく目の病気です。 放置しておけば失明にもつながる恐ろしい緑内障の原因を知り、治療法・対策を学びましょう。

正常眼圧緑内障
緑内障の原因
緑内障名医を主治医に
緑内障と薬
緑内障名医と闘病記に記された真実
緑内障の手術と名医
緑内障の手術
正常眼圧緑内障に注意
緑内障の治療費はどれだけかかるか?
新しい緑内障名医ランキング
緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?
緑内障の名医

 スポンサーサイト

緑内障で失明しないために

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑内障で失明しないために

 緑内障の未来

緑内障で失明しないために

部下に借りた漫画はワンピースだけではなかった。もう一冊、ワンピースという漫画がある。それはNARUTOという漫画だった。忍者の活躍と成長を描いている漫画だが、緑内障の自分にとって、彼らの持つ血継限界は魅力的だ。

写輪眼や白眼があれば、欠けていく視野もどうにかなりそうなものなのに。緑内障では視野は欠けていくが、白眼などはまるでその逆で、ほとんど360度、全方位死角なしというのだから驚きだ。全方位見え、遠方眼で透視眼という驚異の血継限界の持ち主であり、木の葉の里の名門、日向一族の中でも一族始まって以来の天才と呼ばれる男だ。

一方の写輪眼は、チャクラの流れは見えるものの、視力が良くなるわけではないらしい。木の葉最強の一族、うちは一族のうちはイタチや、うちは一族以外で唯一写輪眼を使える男、はたけカカシは視力の悪化を話題にしていた。

強力な瞳術を使える代償として、視力を犠牲にしているというところだろう。それならまだいい。俺などただ緑内障になったというだけで、何もいいことなどないのに視野狭窄が起きている。もっとも、今の段階では特に生活に不便をきたすほどではないといはいえ、将来の不安は拭えない。

日向ネジのような白眼があればいいのに。もっとも、この歳になれば若い世代への手本となるべきらしい。生への執着丸出しのサラリーマンと違い、さすがに忍びは潔い。あのようにありたいと願う反面、そんなことは叶わぬ願いであるという思いもある。

後悔の念は人間には避けられないものだ。それは緑内障だけに限ったことではない。今後、どんな風に世界が変わっていくのかわからない。NARUTOの世界も、現実のこの世の中も。それを曇りなき眼で見守りたいというのは当然の希望だろう。

スポンサーサイト


緑内障で失明しないために

copyright © 2005 緑内障、原因と対策 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。