FC2ブログ


   緑内障、原因と対策
   緑内障は進行により視野が欠けていく目の病気です。 放置しておけば失明にもつながる恐ろしい緑内障の原因を知り、治療法・対策を学びましょう。

正常眼圧緑内障
緑内障の原因
緑内障名医を主治医に
緑内障と薬
緑内障名医と闘病記に記された真実
緑内障の手術と名医
緑内障の手術
正常眼圧緑内障に注意
緑内障の治療費はどれだけかかるか?
新しい緑内障名医ランキング
緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?
緑内障の名医

 スポンサーサイト

緑内障で失明しないために

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑内障で失明しないために

 緑内障の恐怖

緑内障で失明しないために

緑内障でもっとも恐ろしいのは視野狭窄でしょう。
今までよりも見えている視野が欠けてきて、見える範囲が狭くなり、最悪失明することもあります。

また、かすみ目や疲れ目を伴うこともあります。
そういった場合だと、視野狭窄だけではなく、見えている部分でもぼやけてしまうことになります。

緑内障は加齢とともに引き起こしやすくなる病気ではありますが、人間にとってもっとも重要な視覚が欠けていくのは恐怖にほかなりません。
ただ一言、「歳だから」では済まないというのが患者の率直な感情ではないでしょうか。
そうだとしたら、緑内障はどうしようもないの一言でことを終えようとするようなヤブ医者とはさっさと縁を切るべきです。
信頼できる名医や権威を探し出し、この恐怖を一刻も早く拭い去りましょう。

緑内障という病気の性質上、完治は難しいかもしれません。
しかし、老化しながらも視野狭窄を最小限に抑え、快適な状態を保つことは多かれ少なかれ可能なことです。
それをしないですっかり視野狭窄に陥り、もはや取り返しのつかないことになってしまうというのは、大きな恐怖です。

病気は感情を揺さぶります。不安や恐怖を引き起こし、やる気や前向きな気持ちを奪い去ります。
それでも、恐怖に支配されてはいけません。
緑内障といえども、何一つ手の打ちようのない病気ではありません。
専門の名医や権威に相談することにより、視野狭窄の進行具合を抑制することができる場合も多くあります。

諦めるには早すぎます。恐怖に打ち勝ち、視野狭窄を抑えましょう。
いくら緑内障の名医や権威でも、患者にその気がなければ治療や手術はできません。

視野狭窄の恐怖を乗り越えて、健やかな目を取り戻しましょう。
スポンサーサイト


緑内障で失明しないために

copyright © 2005 緑内障、原因と対策 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。