FC2ブログ


   緑内障、原因と対策
   緑内障は進行により視野が欠けていく目の病気です。 放置しておけば失明にもつながる恐ろしい緑内障の原因を知り、治療法・対策を学びましょう。

正常眼圧緑内障
緑内障の原因
緑内障名医を主治医に
緑内障と薬
緑内障名医と闘病記に記された真実
緑内障の手術と名医
緑内障の手術
正常眼圧緑内障に注意
緑内障の治療費はどれだけかかるか?
新しい緑内障名医ランキング
緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?
緑内障の名医

 スポンサーサイト

緑内障で失明しないために

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑内障で失明しないために

 緑内障でかすむ目

緑内障で失明しないために

緑内障と告知されてから1週間が過ぎた。別にすぐ手術とかそういうことではないし、目薬をもらったことを覗けば、診断前となんら変わらない日々だ。

仕事もいままでどおりこなしている。ただ、パソコンを見ていると目のかすみを感じる。

医者の話によると、このかすみはひどくなり、視野が狭くなる視野狭窄に陥るらしい。抑揚のない話し方の中には、失明の可能性もあるという話も出てきた。

会社の人間に個人的なことを話すのは、あまり好きではない。しかし、緑内障と診断されたという話を誰かに聞いてもらいたい。

もちろん、家族には話した。妻にも、子供にも。しかし、失明の可能性もある重い眼病にかかっているなどと言ったら、妻や子供は心配するだろう。緑内障という病名は伝えたが、決して重い眼病、深刻な病気ではないという話をしておいた。

本心で話したい。失明の可能性があることを。迫り来る失明の恐怖を。ドクハラとも思える医者の無関心さを。そして、今の自分のやり場のない怒りと不安を。

それは家族ではダメだった。心配させてしまうという思いが強すぎて、本心を話してしまうことなんてできない。

会社の後輩や部下なら、嫌でも話を聞かざるをえないだろう。しかし、彼らに緑内障なんていう眼病のことがわかるだろうか?若者はいつだって老いた者の気持ちなんてわからないものだ。自分だってかつてはそうだった。

いや、緑内障などという告知を受けるまでは、自分だって失明の危機のある眼病についてなんて真剣に考えたことはなかった。

誰だって、毎日の生活でいっぱいいっぱいなのだ。日々の暮らしに追われる中で、自分と無縁の問題について真剣に悩み、心をかき乱されるなんていうことはしていられない。

結局、こんな時に頼りになるのは、経験豊富な年長者になる。もはや会社の中にも自分より年長な人物は数も知れている。それでも、ビジネスだけでなく人生においても彼らは頼りになる。

かつての上司だった亀梨さんに話しを聞いてもらうことにした。今ではすでに第一線の営業畑から退き、後進の指導という名目で窓際に追いやられがちな亀梨さんに会いにいくのは久しぶりだ。

しかし、会社の人間を思い浮かべてみると、ほかに該当する人物は見つからない。


スポンサーサイト


緑内障で失明しないために

copyright © 2005 緑内障、原因と対策 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。