FC2ブログ


   緑内障、原因と対策
   緑内障は進行により視野が欠けていく目の病気です。 放置しておけば失明にもつながる恐ろしい緑内障の原因を知り、治療法・対策を学びましょう。

正常眼圧緑内障
緑内障の原因
緑内障名医を主治医に
緑内障と薬
緑内障名医と闘病記に記された真実
緑内障の手術と名医
緑内障の手術
正常眼圧緑内障に注意
緑内障の治療費はどれだけかかるか?
新しい緑内障名医ランキング
緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?
緑内障の名医

 スポンサーサイト

緑内障で失明しないために

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑内障で失明しないために

 緑内障権威とドクハラ被害の実情

緑内障で失明しないために

緑内障権威がドクハラを行うということは、どれくらいの確率で起こることか、お分かりでしょうか?
明確な答えは出せないという方がほとんどでしょう。

そもそも、医師の中で緑内障権威と呼べる医師がどれだけいるのかという問題もありますし、ドクハラというのも程度問題ですので、はっきりした線引きはできないところがあります。
その辺りに曖昧なところが残ってしまうのですが、病院という閉鎖的な空間において、ドクハラという憎むべき行為が行われるのは、ある意味では自然なことでもあります。
世の中に開かれておらず、特殊な環境の中で自己完結してしまっている世界では、その内部関係がすべてであるかのような錯覚を起こしやすくなります。

そのために、患者に暴言を吐いたり人権を無視するような言動を取るような医師が出てくるのです。
緑内障権威だからといって、必ずしも例外ではありません。
すでに差別化できている存在というのは、病院という世界の中で特別な地位を築いていますので、勘違いしてしまうこともあります。
もちろん、全ての医師がそうだというわけではありませんし、患者と親身に向き合ってくれる緑内障権威だっています。

ただ、彼らの医者の中でも人間性に問題があったり、多忙な業務に終われて一人一人の患者との接し方が荒くなってしまう者もいることは否めません。
それが昨今マスコミでも話題になるドクハラというものです。
患者にしてみれば、医療機関を訪れる時には切実な思いを胸に秘めていることが多いものです。
そんな中、緑内障権威からかけられる言葉というのは、一言が重みを持ちます。

内容は間違っていないとしても、表現が不適切であるというだけで、大きな心理的負担になる状況が作られているということです。
もちろん、医師は精神科医ばかりではありませんし、カウンセラーでもありません。
緑内障権威にしろ、そうでないにしろ、ドクハラと疑われる発言をしないと断言できる人はあまりいないでしょう。

一般社会でも、思わぬ一言が他人を傷つけるということはよくあることです。
そんなつもりで言ったわけではないのに、思わぬ誤解を受けてしまったり、ニュアンスがうまく伝わらないもどかしさを感じたりという経験は、誰しももっているはずです。
ただ、表現者と聞き手とのギャップというものが、病気という特殊な状況を前提にしているだけに、緑内障権威を筆頭とする医師団と、患者との間では深刻化しがちなのです。

必ずしも、病院側にも悪意があるわけではありません。
それでも自覚を持って発言に気をつけてほしいとは思います。
緑内障権威の一言が患者を追い詰めることもあるということを心から理解することが、信頼関係を確立するうえでも欠かせない要素になるでしょう。
人間は機械ではないのですから、やはり気持ちを共有することは大切です。

ドクハラなど病院の恥という意識を持って、経営側にも緑内障権威にも治療に当たってほしいものです。
医師の一言で勇気付けられる事だって、患者にとっては多々あることです。
言葉の力というのは、医療の現場でも大いに議論されてしかるべきものではないでしょうか?
治療費を支払っているのだから、患者をお客だと捉えるべきだとまでは思いませんが、人間として最低限の思いやりは持っていてほしいものです。
スポンサーサイト


緑内障で失明しないために

copyright © 2005 緑内障、原因と対策 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。