FC2ブログ


   緑内障、原因と対策
   緑内障は進行により視野が欠けていく目の病気です。 放置しておけば失明にもつながる恐ろしい緑内障の原因を知り、治療法・対策を学びましょう。

正常眼圧緑内障
緑内障の原因
緑内障名医を主治医に
緑内障と薬
緑内障名医と闘病記に記された真実
緑内障の手術と名医
緑内障の手術
正常眼圧緑内障に注意
緑内障の治療費はどれだけかかるか?
新しい緑内障名医ランキング
緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?
緑内障の名医

 スポンサーサイト

緑内障で失明しないために

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑内障で失明しないために

 緑内障と家族

緑内障で失明しないために


緑内障でグリーンか、なんだか悪ふざけのブラックユーモアみたいだな。

会社を出て家へ向う道すがら、そんなことに気付いて苦笑いをした。

―ゴルフか。目のことは置いておくにしても、ちゃんとできるのか?

加齢と運動不足にさらされた体では、どれだけのことができるかは疑問が残っている。

それはそれでいい。もうスコアを競う若さや勢いはない。純粋に楽しんだらいいさ。

ゴルフのことを考えていたら、自然と緑内障や失明の不安から意識が離れていた。それだけでも元上司に会いに行った価値はあっただろう。それに、人に話したことで気持ちもずいぶん楽になった。

しかし、とふと考えてしまう。元上司はすい臓がん。命への影響の重大さという観点では、自分よりも深刻な状況にある。のんきに相談をしている場合じゃないのではないか?むしろ、自分がいたわる立場にならなくてはいけないのではないだろうか?

そんなことを考えているうちに、家に着いた。何事もない様子で家に入ろう。緑内障の告知以来、家庭では平静を装うことが習慣になっている。

家族には心配をかけたくはない。緑内障で苦しむのは自分ひとりでいい。

それが片面で独りよがりな思い上がりであることは承知している。それでも、家族に辛い顔を見せるのは忍びない。平気な顔をしていたいんだ。

引越しでもして、気持ちの整理がつくまで一人暮らしでもしたいような気もするが、もうそんなわがままが通じる年齢でもない。

若手のビジネスマン達のようにはいかない。ビジネスでもプライベートでも、ベテランとしての道を歩まなくてはならないのだ。

ゴルフはいつまでたっても下手だけど。そんなことに思い当たり、思わず苦笑いしながら帰るべき我が家に帰った。

何も変わらない家族がそこにいることが嬉しい。そうじゃなければ、気持ちがダメになってしまっていたのかもしれない・・・。
スポンサーサイト


緑内障で失明しないために

copyright © 2005 緑内障、原因と対策 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。