緑内障、原因と対策
   緑内障は進行により視野が欠けていく目の病気です。 放置しておけば失明にもつながる恐ろしい緑内障の原因を知り、治療法・対策を学びましょう。

正常眼圧緑内障
緑内障の原因
緑内障名医を主治医に
緑内障と薬
緑内障名医と闘病記に記された真実
緑内障の手術と名医
緑内障の手術
正常眼圧緑内障に注意
緑内障の治療費はどれだけかかるか?
新しい緑内障名医ランキング
緑内障最新治療法は根拠を持っているのか?
緑内障の名医

 スポンサーサイト

緑内障で失明しないために

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑内障で失明しないために

 緑内障の告白

緑内障で失明しないために



「緑内障らしいんです。もしかしたら、いずれ失明するかもしれません。」

久しぶりにやってきた突然のかつての部下の申し入れに、亀梨さんも驚いている様子だった。それはそうだろう。いまや彼もまた、社内でそう恵まれた立場にいるとは言えないのだ。

そこに元部下がやってきたと思ったら、緑内障なんていう病名を口にしたのだ。医者でもない彼にとっては、意外だっただろう。

しかし、彼の口から発せられた言葉もまた、私にとって予想外のものだった。

「失明の危機なのか?」

まだ眼病であることも言っていなかったが、緑内障が眼病であることが彼には伝わったらしい。

「将来的には、という段階ですが、もしかしたら。」

「そうか、実は私の知り合いにも緑内障の人間がいてね。まさか、君もか。」

俺が思っている以上に、緑内障という病気は世間に浸透しているのかもしれない。まさかこうも簡単に緑内障を知る人物に当たるとは。

「それで、その人はどんな風になっているんです?まさか、失明とか?」

「いや、ちゃんと見えてるよ。ただ、視野狭窄にはなっているらしい。それでも生活の不便は感じていないような話だったね。何か見え方がおかしいような気がして、念のため眼科に行ってみたら、緑内障で視野が欠けているという診断を受けたらしいんだ。」

「それはいつ頃の話ですか?」

「去年か、ひょっとしたらおととしかもしれない。なんにしても、失明の心配はしていないようだった。」

「そうでしたか。それならいいんですが・・・。」

「君の病状は深刻なのか?」

「いえ、まだ視野が欠け始めたというだけで、失明というのはあくまで将来的に可能性があるというだけの話らしいです。」

「そうか。それならあまり深く考えすぎないほうがいいだろう。ストレスも体に悪いからな。」

「たしかにそうですね。ただ、正直気になるんです。もし、目が見えなくなったりしたら、これからの人生はどうなってしまうんだろうと思うと、最近おかしくなりそうで。こんなことなら、いっそガンにでもなってしまえばよかったのに。」

「バカなことを言うもんじゃない!ガンだって大変なんだ!」

普段は温厚な亀梨さんにしては妙に迫力のある言葉だった。なにか事情があるとしか思えないような。


緑内障で失明しないために

 緑内障、告知

緑内障で失明しないために

緑内障という診断だった。失明の危険もあるらしい。

意味がわからなかった。世界が暗黒に包まれるかもしれない。そんなこと考えたこともなかった。目なんて見えて当然のものだろう。

大体、緑内障ってなんだ?年齢とともにかかりやすいい病気らしいが、聞いたこともない。

病気になんてこの歳になるまでかかったこともないのに。いくら世間でメタボリック・シンドロームが騒がれても、そこまで深刻な肥満でもないし、ドロドロ血でもないと健康診断では医者に判を押されていた。

それなのになんで失明の危機になんてさらされなきゃならないんだ。

医者の宣告は冷酷だった。医者にとってはこんな告知は日常茶飯事なのだろうから、それもしかたないといえば仕方ない。

医師に顧客サービスの何たるかを説いて回る気もない。それでも、あの冷淡な態度はないだろう。まったく興味がないことをあそこまで前面に押し出す必要がどこにあるのだろう。

ガンのような命に関わる病気ではないにしても、失明が人生に及ぼす影響なんて人間なら誰だって分かるだろう。告知なら告知で作法というものがあるはずだ。

緑内障という眼病。目の前どころか目の中にある病気。いったいオレの何が悪くてこんなことになり、こんな医者に出会ってしまったのか?これはドクハラというやつに当たらないのか?

無関心が暴力になるということを、緑内障とドクハラを通じて始めて知った。

この医師にプロ意識があるのかどうかはわからない。しかし、いわゆる温かみのある町医者的なプロ意識がないのは間違いのないことだろう。

こういう頭でっかちの医者がドクハラをして問題になったりするのだろう。

人の人生の大切な局面でこれほどの事務的な処理ができるのもある意味では才能かもしれない。感情の揺れをみじんも見せることなく告知を済ませることができたのだから。

とにかく、こうして緑内障患者としての人生は始まった。






緑内障で失明しないために

 すい臓がんオーダーメイド治療

緑内障で失明しないために

緑内障オーダーメイド医療がアメリカでは普及しつつあります。
医学をリードしているアメリカでの傾向は、往々にして日本にも波及します。

それが今年中になるのか、それとも数年先になるのかという違いはあるにせよ、日本でも緑内障のオーダーメイド医療が取り入れられていくことでしょう。
ただし、すべての病院で同等の治療を受けられるようになるということはありえません。

最先端の技術を取り入れる病院と、従来の方法を踏襲するだけの病院とを見分ける方法はないのでしょうか?
積極的に緑内障オーダーメイド医療を提供する先進的な病院の分布は、名医の存在と無関係ではないでしょう。
人的な資源が不足しているようでは、技術の吸収も遅れることは容易に予想できます。

優秀なスタッフが揃っているからこそ、学界で発表された最前線の技術や、アメリカで始まった流れを取り入れることができるのです。
毎日の業務に追われて、緑内障オーダーメイド医療について研究する余裕のない病院も存在します。
どこで一線を画すかは、その病院によって異なります。

地域に密着して初期治療を行うのであれば、最先端の情報を活用する必要はありません。
しかし、全国レベルで患者が集まってくるような病院であれば、最新の緑内障オーダーメイド医療についての技術を適用できる体制を期待されます。
期待を裏切れば、評判が落ちてしまい、患者から見放されることになります。

カレンダーの日付が変わるように、人生がスムーズに進んでいくためには健康が必要であり、病気にかかってしまったのなら、治す必要があります。
そのために名医が存在し、緑内障オーダーメイド治療のような新しい方法が生み出されます。
研究者も日々斬新な方法を唱え、実証しています。

忙しい毎日の中で、健康に対する意識の低い現代人でも、告知を受けることで自分の身体について見直すことは多々あります。
そのときに、現状をどう改善するかという選択肢の一つに、緑内障オーダーメイド医療が有力な候補として加わることで、患者の希望は大きくなります。
目的へのアプローチが複数あれば、一つの方法がダメだとしても、まだ選択肢が残されています。

人生に終焉を刻むかもしれない病気と向き合わなければならない状況に追い込まれたとなれば、緑内障オーダーメイド医療のような新しい技術は喉から手が出るほどほしいものです。
当然ながら、名医がそれを適用することにより、生存率はいっそう向上することになります。
物的な設備とともに、優秀な医師や看護士が揃っている病院こそ、患者にとって最大の見方になります。

孤独に酔いしれる余裕もないことがほとんどなのですから、せめて緑内障オーダーメイド医療について相談できる名医を主治医に迎えることが、患者が心穏やかに闘病生活を送る上で不可欠な要素ではないでしょうか?
医学については素人である患者が、全てを抱え込むというのは無理があります。
地球上の生物に共通する原理として、寿命が有限であるという事実が存在します。

それを真っ向から受け止めるためにも、人生を精一杯生き抜くことが必要であり、緑内障オーダーメイド医療も暮らしをより良くするための方策の一つに過ぎません。
闘病生活に万全を期すのは患者の務めです。
死後の世界に思いをめぐらせるよりも、今を全力で生きることが人として生を受けた私達に課せられた義務ではないでしょうか?

そのために必要な手はずの一つとして、緑内障オーダーメイド治療の検討があります。
新しいものに飛びつくのが最善とは限りませんから、それについて十分にメリットとデメリットを検討しましょう。

緑内障で失明しないために

前のページ
copyright © 2005 緑内障、原因と対策 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。